最近ブログは放置気味のすーめだかです…どうしてもツイッターのほうが多くなってしまいます。

さて、マクロスモデラーズに挑戦する電動変形バルキリーですが

028
やっと腕がついて、これでほぼ外観は完成です。
キットそのままの腕だとなんか華奢だったので、ジャンクのバトロイドから拝借してきました。
ここまできたら後は電動化な訳ですが、そのためにはできるだけ単純な動きで変形できるようにしないといけない(´・ω・`)
で、どうせならと、このようなものを作りまして
031
中身は単純なシーソーになってます。
なぜこんな事をしたのかというと、最終的には電動化ですが手動でも動くようにしたいと言うのもありまして
どうせならあのスイッチで変形したらロマンがあるんじゃないかなと。
そう、バルキリーの変形と言ったらこれでしょ!
main-qimg-46968240e19c65ae666a170871a53dca
このBGFの超アナログ的スイッチ!!リアルタイム世代としてはこのスイッチにどれだけ憧れたものか。
後付の設定ではスロットルレバーの向きを縦にすることで変形するのだとかなんとか。

電動化にあたってはこのシーソーを押してやればいいので単純な上下動でおk(^^)
ぶっちゃけ、電動モンスターの駆動部を流用できて楽できるかなと(^_^;)

ということで、ここからは心のなかでこのスイッチを思い浮かべて見てください。
バトロイド時

029
ここからGレバーを下に動かしてガウォークへ!

030
っていう感じです(*´▽`*)
ツイッターの方では動画で紹介していますのでよければ御覧ください。

https://twitter.com/smdk30/status/1383388019957198853

ところで春アニメもぼちぼち出揃ったところですが…
なんか話がとっちらかっていて理解できないんですけど!みたいな作品増えてません?
それとも自分がもうついていけないほど老化が進んでしまっているのかorz

特に理解不能なのが BLUE REFLECTION RAY/澪 っていう作品なんですけどね…
金曜にTBS、BSTBSでやってます。キャラデザとか声優の演技とかはおっ、と思うところがありますが肝心のストーリーに全然ついていけないです…(´・ω・`)

ホビラン用のへんたつフィギュアは展示見本を塗装開始。

123
マスキングの手順を考えてまずは朱色を。このカラーリングだとトキさんっぽくてこれはこれでいいかも(*´▽`*)
鬼ちゃんのこだわりポイントは膝からフトモモお尻にかけてのラインですね。

124
どうでしょう、リアル塗装が似合いそうないい感じになっていると思いますが…
なおスカートの下は購入者だけの特典ということで(^_^;)

通販はヨドバシ派のすーめだかですw

いや、amazonnの欲しい物リストって前々から気になっていたんですよね。
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/XXQ9YTCRLF4E/ref=nav_wishlist_lists_1?_encod
これを載せておくだけで欲しい物が手に入るって、そんなうまい話があるわけが…
a01
ホンマや♪

いや、贈ってもらえるほうが奇跡的だというのは百も承知ですが、これは想定外だったのでとても嬉しいです♪
中身は例えばこんな感じ。
a02
これでギミック工作が捗るぜ( ・`ω・´)

なお返礼としまして私すーめだか制作のものでよろしければ進呈させていただきます。
080
006
e010

版権が絡むものはNGですがそうでなければご要望にお答えしてお作りします。

たまにはバルキリーを。
っていうかマクロスモデラーズ4/30締め切りなんだけど間に合うのだろうか…
他にホビラン用の準備も4/30までにやらなきゃだというのに…

さて、自動で変形するバルキリー製作、難関だったキャノピーカバーがなんとか形になりました。
018
う~ん、カッコいい!  
って、いやこの段階でカッコいいというのはホントは間違っているんですけどね(^_^;)
なぜならこの上にさらにキャノピーが付くから。

本来キャノピーの上から被さるからこそのキャノピーカバーなんですが、それを実現させようとするとあっちこっちに引っかかってしまって肝心の変形が上手くいかなくなる可能性が。
ということで、脚の取り付けの機構が変化していったように、キャノピーカバーも新機構が登場してもいいのではないかと発想を転換し、バイクヘルメットのインナーバイザーにヒントを得て、キャノピー内部にカバーを取り付けるという結論に至りました。

ファイター状態ではこの位置になります。

019
ちらっと見えていても別に違和感ないのでヨシ!

で、なぜ難関だったのかといえば、軽快に動作させるための調整がすごく大変だったから。
この機首先端部に、歯車1個と直線ギヤを2本、さらにカバーを動くように内蔵する、さらにさらにボディの開閉と連動して動かす、という仕組みを完成させるために時間がかかりました。
実はまだコックピット&キャノピーの取り付けを考えないといけないんですがそこは今後の課題ということで(^_^;)

でで、肝心の動作の方ですが、gifで御覧ください。

0407.mp4_000013580
(*´▽`*)

行ってきました秋葉原。色々なタイミングがバッチリあったので善は急げ思い立ったら即行動早起きは三文の徳!
秋葉原はラジオ会館、ボークスホビースクエアにて開催されているディーラーエキシビジョンに展示参加してきました。これはホビランにだす販売品の現物を事前に展示して宣伝できるという素敵な企画です。

175
今回展示させていただいたのはこちらのていぼう部の面々(*´▽`*)最近大きめの地震が増えているので制震ジェルを敷く念の入れようです。

再販のひな&なつみ

176
前回思っていたより売れなかったのでリベンジです。

新作先輩ズ

177
ぜひ4人揃えて飾ってほしいものです。

ところでこういった版権モノの立体物の様々な制約って、やはりワンフェスの影響が大きいと思うんですが、ワンフェスのルールが絶対的ではないと思うんですよね。例えばこのディーラーエキシビジョンのように「イベント当日の販売の権利」以外の「事前に展示する権利」が許諾されていたり、トレフェスのように通販が可能であったりと、ワンフェスでは採用されていないけれど版権元はOKを出せるということで。ワンフェスのやり方はイベント当日に集客するためによく考えられたシステムではあるけど、ディーラーにとっては厳しい部分もあるわけで…
コロナの先行きがまだまだ不透明な現在、ガレキ文化の火を絶やさないためにももう少しディーラーに優しい版権制度に変化していってほしいものです。

↑このページのトップヘ