ずっと避けていたケムリクサBWEの足回り、地道に手を動かせばなんとかなるもんですなぁ…

070

こんな感じにパーツ構成しました。見えないところは手抜k…いや、時間節約( ・`ω・´)
あとはこれらを接着すれば…

071
足回り完成!細かなディティールアップは後回し!
裏側

072
中央にはネジを埋め込みました。本体との接続用です。
本体側は~

073
ご覧のようにネオジム磁石埋め込みました。これで足回りを取り付けます。横へのはみ出しがあるし走行状態だとぶつかって破損ということも考えられるので、大きな力が加わったら外れるようにしておくのが吉です。展示会への参加経験値増えたことでこういった配慮を制作段階から考えられるようになったのはレベルアップしたということでいいのでしょうか。

なお取り付けは次回へ(^_^;)


さて、ご報告ですが~

10月31日(土曜日)午後、横浜市のあざみ野で「宮崎メカ模型クラブ」のオフ会を兼ねたミニ展示会
に展示参加させていただくことになりました\(^o^)/
このBWE展示予定です。なお詳細については~
主催者側が情報をオープンにしていないので参加希望の方は主催者に問い合わせてくださいm(_ _)m
流石に今の社会情勢を考えると致し方ないですね。

あ、ついキャタピラと表記しちゃったけどこれって商標ですよね?

と思って調べてみたらキャタピラーは商標だけどキャタピラはそうではないみたい。むしろ日本の法律用語としてはカタピラなんだとか(^_^;) う~ん、自分としてはキャタピラなんだけどこれは一体何に影響されて刷り込まれているのだろう?ガッチャマンかタイムボカンか…そのあたりのアニメに影響受けているのかな(年がバレるw)

さて、ケムリクサBWEの足回り、いつまでも手を止めてはいられないっ( ・`ω・´)
ということでなんとなくそれっぽくなるように工作です。

066
基部はプラ棒工作で。緑色はミドリちゃん電車のアレを作ったときに使った余り、元は編み棒です。5mmプラ丸棒として重宝してます。

なお裏側

067
見えない方は、まあ…もうちょっと先に進んでみないと裏側のディティールアップがどこまで必要になるかわからないので…見えないところはできるだけ省きたいタイプです(^_^;)

ポイントは1周ぐるりとプラ棒で囲っているところです。この先の工程で重要になってきます。

ということで基部ができたら履帯を取り付けますが~こう!
068
この履帯を貼り付ける接着ベースとして大事になります。ちなみにこの履帯は…もうおわかりですよね?パンのアレですw
アレ1つから履帯(3×9)6枚切り出してます。パンのアレは流し込み接着剤使用可なのでスクラッチ派は溜めておくと何かと便利です。私は筆塗り時にパレットとして使うこともあります。

本体と仮合わせ

069
とりあえずサイズ感はいいかな。あとは横への張り出しがどんな感じになるかでしょうかねぇ。履帯部分が壊れている表現はどうしようか…再現するか破損なしにするか。
破損の再現は簡単なんだけど持ち運びに不便になりそう(´・ω・`) 自走させたときも引っかからないか不安か…ここは素直に破損なしでいいのかなぁ?

ケムリクサフィギュア2体追加~♪

060
BWE上の木を操作しているワカバと、赤木に貫かれているわかばです。
反対側

061
赤木にはクリア赤ランナーを使用したので怪しい雰囲気を出してくれます。肉眼じゃほとんどわからないけど(^_^;)
これでミニフィギュアは4体完成

062
なお前回作ったフィギュアはちょっと手直ししています。記憶の葉を操作しているわかばの手首にくびれをつけて、りんのマフラーを赤で作っていたのを外しました。
改めて12話を見直したらりんのマフラーは白でした(^_^;) 赤マフラーはりく姉仕様。それと赤木に貫かれているわかばは、BWE上ではなく陸地でやられていたんですね…このあたりも記憶が曖昧に(^_^;)
ま、このわかばはBWE上に配置しちゃいますが。

なお大きさですが~

063
5円玉の穴に入るかチャレンジしてみたら2体入りましたw


ところでそろそろホビランの版権本申請結果でてくれませんかねぇ…放課後ていぼう日誌が未だ…仮申請結果も来るの遅かったし版元が不慣れなのかな?

ケムリクサBWEにフィギュアを配置したいのだけど印象的なシーンの場所はどこ?
とツイッターで投げかけたら…神が現れました(^^)

ということで早速わかりんフィギュアを試作。

057
特に印象的な記憶の葉を操作するところです。りんは体育座り、かわばは正座から少し体を上げたポーズ。
後ろから

058
わかば、汚い靴下履いてるように見えるw

なお表面処理&塗装は行わない模様(´・ω・`) 理由は~

056
小さいから/(^o^)\

なおBWEに仮置してみると

059
こんな感じになります。この場所はちょうど正面真下なんですが防御板?があるので横から覗き込まないと見えない場所です。なおアニメと見比べてみるとフィギュアがちょっと大きいっぽい。

でもこれ以上小さくするのはム!リ!( ・`ω・´)  でももう何体かは配置したいところ。

ケムリクサBWE、大構造はキャタピラ以外はだいたいできた?

053
まあ多少配置が変なところもあるけど…ほ、ほら、プラレールのベースに納めなきゃいけないから(^_^;)

054
本体左側はわりとごちゃごちゃしているのでヨシ!

055
左側は大きな特徴がなくてややのっぺりとした印象。
内部に電池を収めるスペースはないし交換もやりやすくするために外部後方に配置した電池BOXは~これはキャタピラもつけてみないと何とも言えないか。

スケール感を感じられるようにフィギュアを配置してみようかしら。作中で印象的だった場面を再現するみたいに複数箇所がいいかも。う~ん、りんが記憶の葉をみていた場所ってどのあたりだ?ケムリクサ考察班ならもう場所の特定はできているのかな?

↑このページのトップヘ