ケムリクサBWEのトラス構造、中央側面の製作で手が止まっていましたが…

034
これはもうとりあえず作ってみるしかないっ( ・`ω・´)

何が問題かというと、普通は同じ形状の繰り返しで構成されると思うのですがどうもそうではないみたい…位置や角度が微妙にずれていて???

ということで自分なりに位置を出した設計図をもとに組んでみました。

035
どうでしょう?真横からだと歪み具合が気になる? でもこれを組むのにかなり時間がかかったのでこれでヨシ!じゃないと完成しない(^_^;)
ただ、メイン支柱の高さが…いつの間に縮んだんだ!?ここは延長してやらないと。

なお他の角度からは

036
いい密度感になってると思います。
下から

038
個人的には後ろからがカッコよくて好き!

037
さて、あとはこれの取り付け方法と発光部&大木。これらは全て一体化したほうがいいのかどうなのか…発光部は~光ったほうが…  えぇ…

ケムリクサのBWEはぼちぼち制作を進めています。

033
トラスを増やしてディティールアップも少しずつ増やして…なんですが只今手が止まっております(´・ω・`)

原因は…
034

メインの支柱をつなぐトラス構造。ここの造りがどうにも決まらないのでありますorz

アニメを参考に作っているんですが、全体がはっきりバッチリ写っているアングルがなく、良さげなのがあってもちゃんとパースが付いているので位置や角度をそのままでは平面に落とせないという…
なので大まかな位置から自分なりに製図してみてもどうにも拭いきれないコレジャナイ感…

さてどうしたものか(´・ω・`)

ボークスの新商品、塗るプラシリーズのキジムナー。首の可動化目指し鋭意改造中です( ・`ω・´) 塗りを楽しむプラモなのになぁ(^_^;)

ただいまの最大の課題は「ショーケース内でいかに首を可動させるか」です。動きモノって、展示会ならいいんですがコンテストでショーケース内展示となると問題になるのが動力源(電源)の確保。理想はショーケース内の照明からのソーラーパネル。これなら電池切れの心配なし!でも取り出せる電力は極わずか…と言う訳で次善としては回転台を動力源にすること。ユニット自体は一般的な置き時計のユニットとほとんど同じなので展示期間中の電池切れの心配はなし、ただ取り出せる力は~工夫次第?

ということで今回のキジムナー、いかに少ない力で首を動かすことができるかが最大の課題です。
で、一つの答えにたどり着きましたバアァーンw

017
…ま、効率を追求したら歯車の使用が一番ですね(^_^;) 

今まで歯車の使用は軸受け部の製作で精度を出せないだろうと躊躇していたんですが、ジャンク箱を漁っていたときにフィルムカメラのフィルム巻き上げ部の歯車が今作みたいにネジ1本で留めていたのをみて、あ、これでいいんだと目からうろこ状態になりました。ということで早速実践(^^)v

首の動く範囲(位置)がしっかり定まったことで胴体部の方はそれに合わせて位置決めをすれば良くなり、製作が進みました。ということで現在ここまで。

018
動きはバッチグー( ´∀`)bグッ! なんか完成が見えてきたかも(*´▽`*)

昨夜はケムリクサ再放送の最終回でした。BSフジでの放送だったので嫌な予感…

録画を見てみたら…やはりなぁ。アンテナの設置場所が限られているので普段から視聴ギリギリの信号レベルなので雨が降ると… で、こういうのって、いいシーンに限ってより画像が乱れるというorz

さ、めげずにBWEの制作(´・ω・`)
まずはギヤの逆付けが判明した部分を修正。

032
ピンクの歯車の取り付けがご覧のように逆でした。これでホイールは正しい方向に回転します。歯車をつけ直すだけで行けるかと思っていたら、なんと支柱が干渉してしまうことが発覚。それに合わせてシャフトも位置決めをやり直し、と結構な改修になってしまいました。

あとは後部側の構造物を進めて~ここまで!

029
おお!このくらいまでできてくると完成形が見えてきますね(^^)v
後ろから

031
トラス組み上げは前半分でだいぶ修行できたので、後部側のほうが強度も精度もしっかり出ています。

横から

030
ほぼ設計図通りの大きさに組み上がっていますが実際に立体物になってくるとなかなかの大きさです!

さて、前後をつなぐトラスは…磁石を使っての取り外し式にしたいところ。う~んちょっと放置して作り方を考えようかな。

ケムリクサに登場したBWE。フルスクラッチ製作中ですがテーマ?はプラレール自走&ホイールの回転です。
やっとギヤ部の工作が終わりました。

024
プラレールのギヤボックスからの動力伝達はジャンクBOXから引っ張ってきたギアを直接溶接。今となっては一体なんのパーツだったのかすら覚えてない(^_^;)う~ん、可能性としては手回し発電懐中電灯ラジオのチューニング用ノブ周りのギアかなぁ…ま、いいやw
そこから前方に方向転換するためにはミニ四駆のギアパーツを使用。ギアを設置するための支柱は自作です。余談ながら、ピンクの歯車、向きが逆でした(^_^;) ホントは支柱側にあるのが正解。なのでこの状態だとホイールの回転が逆になってしまいますorz
025

このくらいのサイズに収まれば御の字かなぁと。アニメ上ではここはほぼ平面だったので。
前方から
026
いつの間にかメインの支柱もしれっと建ってます(^_^;) とりあえず自分のイメージした分割ができるように工作することができました。どう分割できるかはそのうち…。
上方から。
027
前方に伸びるトラスはこの回転軸を設置するために上をオープンにしていますが、トラスを組んでも後から軸を仕込めそうなので完成時にはちゃんとトラスが組まれているはずです(^_^;)

では動いている様子を!!

といきたいところですがこのブログでは動画のうpができないのでぜひツイッターのほうで御覧くださいm(_ _)m
https://twitter.com/smdk30/status/1308014678925217792

↑このページのトップヘ