2016年10月

顔の見直しをしました。
気になったところは直す( ・`ω・´)←これをやらないと後悔するという過去からの教訓です。
イメージ 1
顎のラインを見直し、結構削りました。
また、もみあげ?部を大きくしました。

斜め顔
イメージ 2








































他の部分はやすりがけもそこそこ進んだのでサフ吹き
イメージ 3































































自分が思っていないところに傷や凹みがあると、自分が凹みます(´・ω・`)

太ももの肉感が物足りない?


まあでも、これで本格的な表面処理に進めるような気がします。
イメージ 4





































































上半身
イメージ 5
ん?右肩がでかい!? むむむ!

スカートの透明化は一段落。
で、レジンついでにゴーグルも透明化してみることに。

もともとは、どうにも左右揃った形にならないので、1個をしっかり作って
それを複製しようか、というところからのスタートです。

というわけでまずは原型製作
イメージ 1










































電動ドリルを使って、旋盤の要領で作ってみました。
下の方のちょっとした出っ張りは後付しました。
このあと、クリヤーを厚めに塗って表面を滑らかに。


で、おゆまるで型を取って、レジンで複製
イメージ 2
1個は大成功\(^o^)/ もう1個は気泡が(´・ω・`)  気泡潰したはずなのにこんなに大きいのが残っていたとは…

型はそのままなので、もう1個制作。
で、装着
イメージ 3
あとはこれをどうやって取り付けるかを思案中。

さあ、サフ吹き前に、一通り造形を終えなければ。

ブーツのくるぶし部分&靴底
イメージ 4
























靴底ぺたんこなんですよね。画像で検証すると、微妙にかかと側が暑くなっているような気が。

手袋
イメージ 5
ディティールの全てに黒枠があるので、単に色を塗り分けるだけだと雰囲気がちがくなりそうなので
最後に墨入れできるようにモールド彫ってます。
指の開き具合も変更

イメージ 6
口はこんなもんで。目は以前より丸く、より大きくなってます。

ボカンブレス
イメージ 7
っていう名前なんだと。まだまだ途中です。

これでやっと最終型が見えてきたかな。
イメージ 8
くるくる
イメージ 9

前回、100均のUVレジンで初型取りをしたのがこれ
イメージ 1
初めて複製したにしては上出来なんですが、気泡だとか厚みだとか透明感だとか、
色々と不満があるわけで(´・ω・`)

ある程度勝手がわかったのでリベンジ( ・`ω・´)

前回はスカートを、内と外の両側から型取りしましたが、
今回は内側だけ型をとり、そこにレジンを貼り付けるような感じで盛っていって形作ることに。

まずは型取り。
イメージ 2
画像は1枚ですが、何度かやり直してます。

完成
イメージ 3


























で、表面にレジンを盛っていきます。
1周すべてを1回で盛るのは、レジンがたれてきてしまって無理でした。
前・後ろ・左右と3回に分け、それを3回繰り返しました。
で、それだとビミョうな段差がつくので、最後に薄く全体を1周、それを内と外。
当然、途中で微妙に修正を入れてるので、結構手間かかってます^^;

で、一通りの盛り終了状態
イメージ 4
でかい気泡はお湯丸の気泡です。微小な気泡は若干あります(T_T)

で、取り外し
イメージ 5































取り外しは前回より簡単にできました。
やはり表面にベタつきが残ります(´・ω・`)

さて、前回のものは800番で水研ぎまでしました。それとの比較
イメージ 6
新規の方が薄く、透明感もよさげ。旧の方も、クリアーを塗ってどう化けるか実験台にします。

本体の方は、接続部の修正をしたり、表面処理をしたりと、ちまちまと進めています。
イメージ 7






























で、現在ここまで
イメージ 8










































































スカートは、表面のベタつきを取って、クリアーを塗って、さてどうなるか。
あと、頭の上の出っ張りはどうやらこれも透明素材のようなので、
調子に乗ってレジン置換してみようかと思ってます。

さて、今回の本丸、スカートの透明化に挑戦です。
使うのはおゆまると100均UVレジンです。

が、その前の準備としてUVの発生源を作ります。
100均の文房具に、秘密ペンなるものがあるんですが、
そのLEDでUVレジンの硬化ができるという情報があったので、
造形に使えるように改造です。

ベースはこれ
イメージ 1
やはり100均のLEDライト。単純にこのLEDを置き換えればいいかなと

思ったんですが、どうも電圧不足で光り方が弱いようです。
単純置換ではUVLEDは光量不足でした。

で、色々考えて、ホントは電流が流れすぎてだめなんだけどとりあえずということで
イメージ 2
最も単純な形にしました。
UVLEDを並列に2個、それをACアダプターに直結できるようにしました。

ピカー
イメージ 3


























さて、型取りですが、こんな感じ
イメージ 4
黄緑が外側、紫が内側になります。

さて、レジンを充填して、型を重ねて、LED照射!



(´・ω・`)全然固まる気配がないんだけど…
今日は雨なので太陽の紫外線も期待できない(´・ω・`)
なぜにこんな歩を選んでしまったんだろう_| ̄|○

結論
秘密ペンLEDでは100均レジンは固まらない!

と、このままではどうにもならないので、なにか紫外線を発しそうなものは…


あった!( ・`ω・´)

ブラックライト!  今日、この日のためにお前はいたのだ( ・`ω・´)
照射!
イメージ 5
おお、固まっている!!

型から取り出してみると
イメージ 6




初めてにしてはまあいいんじゃないかな?

不要部分をきりとって
イメージ 7
おお、こんなところにでかい気泡が。

ただ、このベタつきはいかがなものか…
エナメル溶剤では取れませんでした。
ラッカー溶剤ならまあまあって感じです。

本体にかぶせてみると
イメージ 8
おお、スカートが透明になった!!
ただ、残念ながら、この画像ほどの透明感はありません(´・ω・`)
実物はもうちょい不透明な感じです。

あとはここから表面処理をして、どこまでキレイになるか挑戦となります。
ちなみにシンナーで拭いて、ヤスリがけを始めたらベタつきはなくないりました。
あと、どのくらいの量のレジンが必要なのかわからず、多めに入れてしまったので
型を密着させられず、スカートのあつみがかなり不均等なものになってしまいました。
まあ、初挑戦ならこんなものか(´・ω・`)

今回のまとめ
100均レジンは硬化後ベタつく(´・ω・`)
秘密ペンのLEDでは硬化しない
どこまでキレイになるかはおr楽しみに♪

手の届くところはだいたい手を入れたので、脚の内側を作るために脚を切断
イメージ 1
気をつけの姿勢なので、脚の内側はそのままでは作業ができません。
まあ、手が届かない≒外から見えない という考えもありですが、
分割してちゃんと作っていきます。

分割すると、ヤスリがけなどもやりやすくなるのでフェチ部分も作り込みます。(どことは言いませんが
イメージ 2
やりすぎると、肉付きの割にぷよぷよ過ぎになってしまうので何事も程々に^^;
あと、全周やってしまうのもおかしいので、脂肪が薄い部分はより控えめにしています。

全体的に割りといいペースで進んでいるので、顔の造形のほうが遅れそうなので顔にも手を入れていきます。
イメージ 3
顔の下半分、鼻筋から口の造形は未だにこれ!というものがないですねぇ、と個人的に思っております。
まあ、私めもまだまだなんですけどね…
これは唇を強調してみたところです。

シルエットではまあまあかな、とも思いますが実際には全然(´・ω・`)
イメージ 4
































口を閉じた状態でニッコリ、という表情を目指していきます。

普段は印刷した画像を見つつ造形を行ってますが、たまには動画を見て形状をチェックします。

すると、服はもうちょいハイレグ寄りっぽくみえるので、変更。
まあ、布と肌の線を変えるだけでいいんですが。
イメージ 1
白くみえるラインが今まで。黒い線がNewです。

さて、タイトル回収です。
今までよりハイレグになったので、肌の露出も当然増えるわけです。
ということは、出るべき部分は当然出さないと←どこを?
イメージ 2
野暮なことは言わない( ・`ω・´) わかるひとだけわかってくれれば^^;

で、前回問題になった手の形ですが、どうやら京都市営地下鉄で使われたものが近いようなので変更
イメージ 3
左手親指は外に開くとやはり元絵と違ってしまうので、とりあえずくっつけてみました。

で、比較してみると
イメージ 4
やはり手の形はこれでFAかな。

あとはスカート
イメージ 5
できるだけツルーンとしていたほうが複製しやすいかと考えていましたが、100均レジンとお湯丸でやってみようと
ほぼ決めたので、ならばバッジ?的なやつも作ってしまったほうがいいかと思ったので
イメージ 6
こんな感じに。

あとはサフ吹いて表面処理ですが…どのくらいまでツルツルにしておけばいいんだろう???

とりあえず今回の最終型
イメージ 7

























































口を閉じて、ももをぷっくりさせて、右腕を若干スリムにして、等などもやりました。

前回との比較
イメージ 8





































にしても、アニメ、ぶっ飛んでますねw
今回の戦闘の理由なんて、歴史関係ないじゃん、て感じ
桃太郎は途中でJOJOっぽくなるし、おばあさんは漫☆画太郎だし、
やたら強そうな猿とかキジとか 以下略
これはツッコんだら負けというか、少年向けギャグ漫画の古典的王道というかなんというか。

個人的に気に入ったのは「また来シュークリーム♪」
なるほど、流れは読めたw

本日の作業の中心はスカートの表面処理。
それを紹介しても面白くもなんともないので、
腕部分の紹介。

腕の方も、懐かしい感じの手袋をしてるので、その造形です。
加工前 
イメージ 1
手袋の終わり?のところに線を引いて、そこをガイドに、ランナーを盛っていきます。
ブーツと同じように、腕全体に盛ると極太の腕になってしまうので、ここだけ盛って
あとはならしてやります。

まずは盛り
イメージ 2
次にならし
イメージ 3
これで手袋装着完了!

右腕も同じようにして、とりあえず終了
イメージ 4
あとはヤスリがけですが、他の作業も進めて、ある程度まとまってからヤスリがけします。

頭部もちょいいじり
もみあげ?部を作りました。ヘッドフォンから生えてますw
イメージ 5
謎の髪型ですね。実際にはないだろっヽ(・ω・)/ズコー

で、様子見のためにシルエット撮影
イメージ 6

















































なお元絵(不適切な場合は削除いたします)
イメージ 7


































う~ん、いい感… ん、  んん!?
ちょっと待てよ…

この左手は!?
イメージ 8













今まで、いらっしゃいませ~、とか、どうぞこちらへ的に、
手のひらで、こちらです♪ ってやってるのかと思っていたんですが、
この手の形って、なんか違う???  

キツネポーズ? う~む、これは一体…

誰かわかる人いませんかぁ~(T_T)

今回の最終型
イメージ 9

手順を考えたら、スカートをいち早く完成させたほうがいいのだけれど…

まあ、まだまだ手を入れる部分はたくさんあるので、今後の作業手順を考えながら造形開始。

まずはポニーテール。
髪の毛は古典的アニメらしく、のっぺりとして表面処理的には楽ですが、形が案外凝ってます。
とりあえず、正面&左方向からの見栄えを優先して形だし。
イメージ 1
形的には満足だけど、大きさ的には不満(´・ω・`)
ただ、横から見ると結構なボリュームがあるのでしばらく放置して様子見。

次は足元。ブーツを履いてます。
といって、足全体を一回り覆ってしまうと極太の足になってしまうので
実際には履き口部分を作って整えるだけです。
イメージ 2
脚はそのうち切断するので、内側のビットが届かない部分は手付かずです。

そして腕。
ランナーに肉付けをしていきますが、細身の場合はあっという間にぽっちゃになってしまうので
少なめにランナーを盛っていきます。
そしてヤスリで整えて
イメージ 3
(*´▽`*) なかなかいい表情になったのではないかと。
手首の面と、その上の面がねじれてつながっている部分がこだわりポイント( ・`ω・´)

あとは、肩にダボをつけて、テープ無しでも保持できるようにして、っと

本日最終型
イメージ 4
























































前回からの比較
イメージ 5
なお、スカートの大きさは上から被せられるギリギリの大きさになっております。
な、何を言っているのかわからねーだろうが、とにかくこれ以上は大きくできない仕様となっておりますw

前回終了時からの作業のポイント
・とにかくヒートペンで押し込んでスリム化
・表面をやすりがけ
・腕の切り離し
・腕の長さ変更

という作業を経て、こう変わりました。
イメージ 1
江戸時代の田舎娘が24世紀の未来人へと変化しました。
このくらいまで雰囲気が出てくると作るのもより楽しくなってきます(^^)

さて、今作は造形が非常にシンプルなだけに、
今までは服でごまかしていた体のラインがはっきり出てしまいます。
というわけで手始めにお腹のラインをいじってみました
イメージ 2
こんなもんかな?元々が典型的(古典的?)なアニメ絵なので
あまり肉々しいのもコレジャナイ感が出てしまいますね。
ちょいエロぐらいを目指せばちょうどよい?

で、お腹周りをまず処理したのは、スカートを作るため。
ウエストからヒップができていないと、その上に来る部品が作れませんからね。

で、いつも通り貼り付けてならして
イメージ 3




















































大まかにはこんなもんで。
今回の最大の鬼門はスカートの透明化!
ベストなのはシリコーンでかたどって透明レジン何でしょうけど、ベターを試行錯誤してみます。
今のところは3つ方法を考えているんですけどね。
1 百均のUVレジン&おゆまる
2 透明プラバン+オーブンレンジ&石膏
3 ペットボトルや卵パックなどの利用

1は、お金をかければ、という点でベストに近いので、
2か3でなんとかできないか挑戦するつもりです。

本日のまとめ
イメージ 4


いやあ、分かる人がいてくれると嬉しいもんです(*^^*)

昨日から制作を開始したフィギュア。モデルは
タイムボカン24のカレンちゃんです。
イメージ 1






















秋アニメでは上位に来るかわいさではないでしょうか?
やや瞳孔開き気味のちょっとあぶない香りがするのも、それはそれで。

動いている姿もいいんですが、ポーズが多彩すぎて絞り切れないので
グッズにもなっているポーズで制作開始です。

改めてスタート
イメージ 2










































骨組みの形はまだまだ修行中です。
肉の中心にしてしまうと、ランナーを貼り付けていくときに不便になってしまうので
体の外側のラインをなぞるように骨を組んでいきたい所を模索中です。

あとはとにかく貼って、バランスがおかしかったらノコでぶった切ってバランス調整、の繰り返し。
イメージ 3






















































ホントは細身に作りたいのだけれどどうしても太ってしまう…
ただ、この方がヒートペンで押し込んでいけるので結果的に強度が出るのでいいのですが。
この辺の作り方もまだまだ試行錯誤が必要です。

前回まで、大きいサイズのものを作っていたので元のサイズに戻ると作業がサクサク進みます。

どーんなことでも やってみて 損をしたって 少しけーいーけーんーちー あーが~る

作業BGMに入ってます。

で、あっという間に顔+前髪までいきました
イメージ 4













































なんか少年アシベっぽい?けっこう細身になりましたがまだまだですな。

ちなみにTB24を観て、一番感慨深かったのはタイムスリップするときに
メカブトンが平面ぺらっぺらになってうねって進む所!

ここに同意できる人はおそらくタイムボカン直撃の同世代と思いますがいかがでしょう?








↑このページのトップヘ