2017年05月

体のラインは出来たので、服を着せます。
といってもプリンセスの場合は腰回りだけですが(^_^;)
イメージ 1




































上着の裾部分を作るだけです。
ん?ということはこの服を脱いだらちゃんと指があるのだろうか…

で、形状を整えて、っと
イメージ 2




































腰回りのしわは削除しました。裾に合わせてウエストラインを修正&削る方向で作ったので違和感あり
という理由でなかったことにw
衣類のシワは盛る方向でないとどうもしっくりこないようです。

ここから、腕&腰のしわ造形、モモ部分のフリル造形、モールド彫りをしてこんな
イメージ 3






































pppの衣装は腕のたるみはポイントになりますね。
なおアプリ版では服にポケットがついてるんですが、アニメ版では確認できないのでなしでw

ついでに上手く撮影できたので立体視を。交差法でどうぞ
イメージ 4
で、サフ吹きまでで本日終了
イメージ 5
口元はもうちょい検討が必要だあなぁ… 目は大きめで作りましたがまあこんなもんかな?


さて、明日は江ノ島で超絶技巧を見る予定( ・`ω・´)
興味ある方は「江ノ展」で検索(^^)

前回でツインテの基部を作っておいたので、今回はそれに肉付け?です。
が、基部はプラ棒、盛るのはブルー・グレーなので作ってみたらこんなんなりましたw
イメージ 1
どう見てもネギw

初音ミクにネギを持たせた人は大したものだ(´・ω・`)


さて、顔の方は
イメージ 2
今までけもフレはアニメに寄せるように作っていましたが、いわゆる普通のアニメ顔に寄せてみました。
ほっぺたを盛り上げず、顎もシャープに、鼻を高く という感じです。

全体的に見ればまずまずってとこでしょうか?
イメージ 3
お尻はもっとプリッとさせたほうがいい?

ここから、ブーツ整え、ストッキング履かせて、ウエスト修正&しわ追加、Vライン追加をしてここまで
イメージ 4





































なお脚が1回折れた模様(´;ω;`)ウッ

画像だと立体の様子がわかりにくいですが、実物はなんか素敵な感じになってます。
イメージ 5
せっかくのVラインですがここから服で隠れてしまいますm(_ _)m
なお、頭の飾り羽?をどう作ろうかと思案中。太さ的には伸ばしランナーだろうけど形状がちょっと違うなぁ
ここはアルティメットニッパーの出番かな( ・`ω・´)

2017冬アニメはけものフレンズが他を圧倒し覇権となり、私すーめだかも
けもフレバブルに乗って多くのフレンズを作りましたが、他にも魅力的なキャラはいましたし
春アニメも中盤を迎え、さらに新たなキャラも増えまして。

とまあグダグダと書きましたが、なんだかんだで作り始めたのはこれw
イメージ 1
この先しばらくは1/35で統一してみようかなと思っております。
なお、急ぐ必要もないので細かいところまでじっくり作ってみようかな。
あ、このポーズなら分割無しで作れそうだから、なんなら複製の練習もしてみようか!?

肉付け
イメージ 2

































表面ならし&頭部取り付け
イメージ 3




































なお黒が混ざっているのは余分なプラ材を混ぜた結果です。
体のラインや凹凸がわかりにくくなるのでやらないほうがいいです(^_^;)

今日のところはここまで
イメージ 4






































さて、誰なのかわかるでしょうか?







まあ、なんだかんだ言ってて結局けもフレなんですけどね(´・ω・`)


ジャパリパーク仕様管理車を仕上げて、厚木のポストホビー様のコンテストへ出展してきました。
残念ながら完成図は載せることはできないのでこんなで(^_^;)
イメージ 1
22日からが正式な展示期間ですが、持ち込まれた作品は既にショーケースに入っていて観ることができます。
興味を持たれた方、是非足を運んでみては(^^)
ショーケースに入れてみると…   小さいなぁ(´・ω・`)  というのが正直な感想。
小さくて凄い!ではなく小さくて見栄えがしないorz でした。

確かに、お店ではいい感じに見えたものが、家に持ち帰ってみると「でかっ!」となるのはよくある話で
その逆もまた然り(T_T)
マクロで写真を撮るとちょうどよい感じなので、パッと見だとやや物足りないかもしれません(´;ω;`)


なお厚木ポストホビーのコンテストですが
受付期間 5/13(土)~5/21(日)19:00まで。
展示期間 5/22(月)~6/2(金)
結果発表 5/27(土)
となっております。

コンテストに向けて、ジャパリジープもいよいよ大詰め。
車両の方はウェザリングを少々追加しました。
で、管理用パトロールカーという設定なのでそれっぽい装備を追加することにしました。

まずはこれ
イメージ 1
そしてこれ
イメージ 2
何を作っているかおわかりでしょうか?

そしておゆまるで型を取って
イメージ 3
100均透明レジンを流し込んでこうじゃ( ・`ω・´)
イメージ 4
う~ん、具が大きかった(´・ω・`)
正面からはこんな感じ
イメージ 5
これに色を付けて
イメージ 6
もうおわかりですね、パトライトを作ってみました。

色をもう少しオレンジにして、ライトのベース部分の塗装をして、配線をでっち上げたら完成です。
イメージは白バイなんかについてるポール式?のパトライトです。


一方、乗員の方もようやく完成
アライさん
イメージ 7
右はばすてき用、左が新造です。

フェネック
イメージ 8
フルスクラッチと違い、ベース車両にサイズを合わせたのでばすてきよりやや大きくなってます。

なお顔とリボンは使い回し(^_^;)
で、大人の事情で全体像はお見せ出来ないので部分をw
イメージ 9
あとはこれにパトライトと、さらにもう一つ何かを追加して完成とします。

先日の静岡ホビーショーで、ヒートペンの様々なオプション品を扱っているブレインファクトリーにて
ヒートペンの交換用グリップをゲット!
購入予定はなかったんですが、実物を触ってみると、現愛使用中のものより明らかに手触りが良い!
話を聞いてみると、初期物と現行品ではやはり違うということで入手( ・`ω・´)
イメージ 1
右がこの度入手した品。左は使い込んでいかにも劣化してル感じですねぇ…
なんとこれが100円\(◎o◎)/!

ただ、これは訳アリ品(^_^;) なんでも、穴があいたいわゆるアウトレット品でして(^_^;)
この画像にも穴が写っているんですがわかりますか?中指のあたりに小さく黒い点があるんですが。
貫通穴ではなくてちょっと凹んでるだけ。いや~、メーカーのチェックは厳しいですなぁ。

で、実はサプライズが!穴の補修用ということでこんなのがついていました。
イメージ 2






























あー、実はこんなのが欲しかった!!
ヒートペンお持ちの方はわかると思うんですが、グリップ部と後部ゴム部との間に3mmほどの隙間があって
実はこのすき間がくせ者。ちょうど親指人差し指の股部分がここに触れて 「あちっ( ゚д゚)!」となるんですねぇ。
今までは適当なものをつけていましたがこれを取り付ければスッキリスマートになる( ・`ω・´)

で、交換完了( ・`ω・´)
イメージ 3
持った感じは一回り太くなったものの、スポンジの弾力がいい感じ(*´▽`*)

本日は静岡ホビーショウへ参戦してきました。
で、実は我がフレンズの一部、隠れキャラのようにこっそりと展示してましたー
イメージ 1
ヒートペンでこんなのも作れますよ、ということで持って行ったところ快く展示OK!
といっても、ちゃんとした場なので様々なトラブル防止のためにもあまり大々的に陳列するのはさすがに
ということで、ブースの片隅にひっそりと置かせていただきました。
どのくらいの人に気づいてもらえたんでしょうか…

ヒートペンそのものは十和田技研さんが作っているのですが、先端のビットや様々な便利ツールは
ブレインファクトリーさんが開発しておりまして、そちらにおじゃまいたしました。
なお本命はこれなのです
イメージ 2
こちら、ヒートペンで歯車が作れちゃうという優れもの!
以前に見かけたときには売り切れていましたが、今回はなんと500円引き!
しかもいろいろとサービス盛りだくさんで、もう大満足でした。
これでバルキリ-の変形ギミックやモンスターの可動ギミック計画が復活!?

他にも、今までヒートペンを使っていての感想などいろいろ話をすることができました。
今日は出先なのでホビーショーの感想などは別の機会にでも。

こいつはタミヤの人形改造コンテストにでも出してみようかなと思っているやつです。
イメージ 2










































まずはズボンをハーフパンツにした状態
イメージ 1
応募要項中の「未発表の作品」がどの程度のものを指しているのか不明ですが
ネット全盛の時代に、これがアウトならほとんど駄目だろっ!ていう程度には紹介してみます。
あ、ちょうど静岡ホビーショーやってるので、タミヤの人に聞いてみようかな?
明日は雨なので、日曜に参戦予定( ・`ω・´) といってもただ見に行くだけですが(^_^;)
でも、もしかしたらどこかにすーめだか作のフレンズがいるかも!?

今回は上半身を攻めていきます。
やはり男性→女性なので、体の線が太すぎなので、一気にダイエット
イメージ 3
当然、肩の合いがおかしくなるので、肩関節の修正とともに腕も長袖→半袖に
イメージ 4
こんな感じで袖をめくりました。なお手は元キットに敬意を表してそのままにしようかと思います。
ちゃんとタミヤのキット使ってますよアピールだなんて言えない(*ノェノ)キャー

左手も半袖にしてここまで
イメージ 5
車両に乗せるために、基本姿勢は崩したくないけど、脚はどうするか…




フィギュアのポーズは決まっていたので、あとは微調整して指を作って
イメージ 1
ちゃんと座ってハンドルと取っ手をつかむことができました。
イメージ 2
で、残念ながら、完成形は大人の事情ってやつでお見せ出来ないので(T_T)
最終形態は後日ということになります。
あとはフィギュアを完成させて、車体の方にももう少し手を加えます。
一応コンテストに出すつもりなのでそのときは報告いたしますm(_ _)m


さて、今回は他のネタを少々(´ω`)
今でこそヒートペンの使用には慣れましたが、使い始めのときは色々試行錯誤しまして。
小さいより大きいもののほうが作りやすいだろうということで、初めて本格的につくったのがこれ
イメージ 3
目はドールアイを入れようと、また、口の中も作ってやろうとどちらも開けてあります。
でも、作りきれなくてこの状態で断念(´・ω・`) だって全長が約30cmにもなるんだもの…
今見てみると、形は悪くないし表面処理も進んでいるのでいつか生き返らせたい!?

で、もう少し小さくて単純な形にしようということで次に作ったのがこれ
イメージ 4
が、これでも大きくて途中で断念_| ̄|○
これじゃいかんと思って完成させたのがこれ
イメージ 5
一気に小さくなりましたw
でも無塗装ながらも完成したという達成感がありました。

俺の屍を越えてゆけ~!
イメージ 6
他にもありますが
イメージ 7
これも途中放置(´・ω・`)

まあ、趣味のものなので好きなものを好きに作ればいいんですけどね(^^)
あえて言わせてもらうなら、
出来は二の次三の次、完成させるっていうのが大事なんだなぁ みつをw




大体の姿勢は出来ていたので、表面を整えつつ、ハンドル等にちゃんと接するように修正
イメージ 1
頭部が意外に重いので、最終的には尻尾でバランスをとるつもり。

分割をどうしようかと考えていたけど、上下分割はすることに。


う~ん、フィギュア作り、この先どうするかなぁ…
1/35に特化していくか、今までの自作サイズにするか、一般的フィギュアサイズにするか(@_@)
イベントへのディーラー参加を考えたときに、ある程度需要のことも考えないと?
1/35でフレンズをずらりと並べたら楽しそうだけどねぇ…


なんでこんな話になったかというと、もし今制作中のアラフェネを複製するならどう分割するのがいいか
と考えていたもので。
実行するなら上下分割してスカートは別体、というのが一番やりやすいのかな?

さて、アライさん。
ver1では某所でキングゲイナー♪などと言われておりましたが
イメージ 2
verver2は取っ手に掴まっているのでこんなポーズです。
なお尻尾でも「のだー!」をやってます。
ばすてきでは車体中央側に伸びていた尻尾ですがどうやら目立たなかったようなので、外側に向けました。

アライさん
イメージ 3
フェネック
イメージ 4











































ところで、前記事のコメント欄で、12.1話の乗り物について触れましたが、
今日のTVでおおっ!と思った乗り物が登場していたのでちょっと紹介
それは静岡県の遊園地ぐりんぱのロードトレイン!
倉庫内で博士助手がのっていたのは正にこんな感じ。   うずうず( ´∀`)

↑このページのトップヘ