2019年01月

参加したいと思っているコンテストを一覧にしてみたら~ 4月まではもしかして余裕ないのかも!?
でも今年はちょっと背伸びがちょうどいいくらいの運勢らしいので頑張って挑戦していこうと思います。

ちなみに
・ポストホビー厚木店のプラコン
・ボークス ガルパンコンテスト
・ボークス 塗るプラコンテスト
・ホビージャパン ガールズキャラクターミーティング
を参加検討しています。

さて、まずはこの子を仕上げてしまいたい(´・ω・`)
イメージ 1




































梨子ちゃんですね。胸のイカリマークを作って
イメージ 2






























髪留めも色プラを盛りました。
中央の赤ですが、濃いクリア赤を盛りたかったんですが手持ちになかったので
普通の赤ランナーを使用しました。
でも薄く盛れば下地が透けるので別にクリアランナーでなくても良いのかもと思いました。
ちなみに下地に白を盛ってます。

現状ここまで
イメージ 3







































そろそろ表情を決めるために眉毛を作らないと。
目の形も、上瞼はキットそのままなので表情に合わせて修正の必要もありかな?


コンテストの本命はガールズかなぁ
キットはアレにほぼ決定しました(*´▽`*)
おっさんホイホイで勝負してみるつもりですw

東京芸大の卒展が行われているということで見に行ってきました。
東京都美術館と芸大キャンパスの2会場で行われているんですが~
時間に余裕のない人は東京都美術館のほうを優先することをおすすめします。

というのも…芸大キャンパスの方の作品はなんか思っていたものと違ってました(´・ω・`)
作品に対するこだわりとか仕上げの丁寧さとかオリジナリティだとか、
プラモの展示会のほうがはるかに高レベルですよ。

あ、美術館の方はそれなりに見応えありました(^_^;)
一番見たかった、玉がぶつからずに交差する作品も美術館にありました。(画像なし)

が、一番気に入った作品はキャンパスの方で見つけました。それがこちら。
イメージ 1
























鏡写しの小部屋なんですが~
角度を変えてもう1枚
イメージ 2





















































お気づきになっただろうか?
これはプラモにも応用できるかも。

次点はこれかな。
イメージ 3
























え~とこれは上から光を当てることでサイケな色を映し出していて、見る角度で模様が変化します。
これもプラモに応用できそう。これは美術館にあり。

第3位はこれかな。
イメージ 4































大理石彫刻に塗装を施してあります。立体の凹凸とペイントの模様の調和が素敵ですね。
これもプラモに…って、全部そればっかりやないかーいw

はい、基本的な視線が「いかに模型に落とし込めるか」なので当然といえば当然です(^_^;)
これはキャンパスのほうで見つけました。


さて、東京まで出ることにしたもう一つの目的はボークスへ行くこと。
というのも
イメージ 5































おかげさまで無事賞が届きましたので、早速欲しかったものを記念に購入ですよ(*´▽`*)
それがこちら。
イメージ 6























3本目のハイパーカットソーになります。これは切断用というよりも
スジボリよりも広く、と言ってはっきり隙間とわかるほどではない切れ込みを入れる用
具体的には1/35フィギュアの手指の隙間用《限定的過ぎるw)ですね。

それとVKMコンは参加賞としてお好きなファレホ1本もらえるので!
これを選択しました。
イメージ 7



















































この前のときはゴールドをもらったので、今回もワンポイント用にと銅色をチョイス。
だってメインはラッカーだし、ファレホに乗り換えるというほど筆塗りメインでもないので
手持ちになくて、でもあればちょいちょい使うであろうというものを選びました。

なお実は本命としてゴッドハンドのパーツニッパーやファンコーティングもいいなと思っていたのだけれど
パーツニッパーは売ってなくて、ファンコーティングはどうしても二の足を踏んでしまう… う~ん(´・ω・`)

とりあえず無塗装でいけるところまで行こうと思ふ(´・ω・`)

ヤスリがけがまだだけど一通りラインを盛ってみた。
イメージ 1





































厚みの違いでラインの濃淡にムラがあるので細かい調整が必要ですね。
でも思っていたほど悪くないかも。
ボタンの金色はどうするかな… 金色っぽいランナーがあったような無かったような(^_^;)

腕をつけるとラインはほとんど見えなくなっちゃうのね(´・ω・`)
イメージ 2














































むむ、右手が大きいかなと思って修正をかけてるのだけれど
こうしてみると左手が小さいのか???

別角度
イメージ 3










































む~(´・ω・`)


チラ裏
ボークスの最優秀賞の賞品がまだ届いてない(´・ω・`)
あまりに遅いんでメール再送もしたんだけれど… 
もう少し待ってから再度連絡してみようか。

いつもお世話になってるポストホビー厚木店のプラコン。
ねずみ男ともう1品で参戦!  のつもりだったんだけど
いろいろとプラコン情報が入ってきて…

ボークスで塗るプラのコンテストありということなのでねずみ男はそっちの方かなぁ…
ポストホビーにはメタル仕上げ、その後着色してボークスへ、という手もあるけど
時期的にホビラン用の複製真っ只中になりそうなのでちょっと厳しいか?

もう一つ、美少女プラモコンテストというのも見つけまして(*´▽`*)
こちらはなんと賞金がすごい!!
力を注ぐならこれか…     (^_^;)
我が家にある美少女プラモは~
・Nene
・フィギュアライズバスト
・マクロス15周年おまけのミンメイ
・ガルパン アヒルさんチーム(ファインモールド製)
それとガレキについては製作者本人なら参加OKということなので
・幼スペちゃん
か。(アホガールよしこもあるけどねぇ(^_^;) さらに言うならちー&ゆーもありだしサメさんチームだって)

現物ではなくネット応募のみというコンテストなので何が一番受けが良さそうかも考慮しないと。
今ざっと考えているのは
・Neneのイラスト調子上げ
・フィギュアライズバスト善子のリアル風仕上げ
・ミンメイの徹底的ディティールアップ仕上げ
といったところ。  しばらく悩みましょうか(^_^;)


ということでポストホビーへのプラコンはジャンル違いで1品作っておきましょう。
で、いろいろと見渡して~白羽の矢を立てたのはこれ!
イメージ 1




























既に改造に着手してますが(^_^;)
まだツイッターもプラコンも無縁だった頃に組んだものですがちょうどいい機会なので再生したいと思います。
詳しい人はこの画像だけでキットの判別ができるのでしょうか?
ということで正体は伏せておきますねw わかった方はコメントしてください(^^)

なおこれに合わせるパーツはジャンクを組み合わえてこんな感じにしようかと。
イメージ 2



























これがどんな姿になるのかは、ポストホビーのショーケースで見るまではお楽しみにしたほうがいいのかな?

ボークスから頂いた塗るプラのねずみ男。
モニターとして頂戴したものなので、その責任はしっかり果たしましょう(^^)

ツイッターでは無改造筆塗り作例が増えてきているので
自称、変化球モデラーの私としてはその逆をいかなければ( ・`ω・´)

ということで、ポーズ変更&ディティールアップ&エアブラシ単色仕上げな作例で(^_^;)
本体塗り終わり状態です。
イメージ 1













































改造ポイント
・顔を右向きに
・目は右方向を睨むような感じで
・手の甲の骨を浮き立たせ
・札束には切れ込みを
・手首を切り離して袖口開口
・背骨&肋骨のディティール追加   です。

塗装はラッカーの黒下地にKカラーズの63ダークを上塗り。
本当はKカラーズのメタルベースを吹きたいところなんですが
エアブラシ内に塗料カスが残ってしまうんですよねぇ…
これ、推測ですがのり的な成分が含まれていて、それが溶剤では落としきれない部分なのかなと。
で、そののり成分のおかげで表面が滑らかになるので金属光沢を再現できる、と。
この先、ホビランに向けてエアブラシの使用頻度が高まってくるのでトラブル防止のために
泣く泣くメタルベースの使用を断念(´・ω・`)


本来の正面はこの向きですね。
イメージ 2











































で、個人的には見どころだと思っている背骨&肋骨
イメージ 3





































わかりにくいですが、左側の背中はいじってません。肋骨は右側のみです。
フードのシワは背中から右向きにいい感じに出来たのかなと(*´▽`*)
右側から
イメージ 4











































肋骨はちょっと浮かせすぎ? 肉眼で見たらちょうどいい感じなのかも(^_^;)


ちなみにこちらは例のプラコンに出そうと思っているので
実はここからさらに仕上げ塗装をするのです♪

ホビランに本申請した新規品は1/35のフィギュア15体( ゚д゚)ハッ!
え~と、これから1日1体仕上げるとして~     え、15日!?
細部を仕上げて表面を整えて1日1体ペースでも半月かかっちゃうのΣ(゚Д゚)

ほんとに大丈夫なのか…(^_^;)



え~、こんなときは気分転換です♪
イメージ 1





























ということで久々のフィギュアライズバスト梨子ちゃん(*´▽`*)
塗装禁止コンペ用にと手を付けたんですが、コンペの方は不参加かな…

さて、この状態で止まっていたんですが
イメージ 2





































正直すまんかった(´・ω・`)

ちょっとやりすぎの感アリですね(^_^;) ということでポーズ変更しましょう。
顔はこのままかな(^_^;)

とりあえず再放送のラブライブサンシャインは2期まで見てしまったので
あ~、こういうキャラなのね、と理解が深まった結果…
このようなポーズに。
イメージ 3


















































合ってますよね(^^)? 
テーマとしては「悪魔的ポーズを練習していたところを見られた梨子ちゃん」 てとこでしょうかw

関節の位置を決めてからしっかり溶着して、今回はここまで

イメージ 4


















































塗装禁止コンペはおそらく不参加だけど、せっかくなのでこのまま無塗装仕上げで作り上げたいと思います。

元キットと比べてみると
イメージ 5
























1周回って戻ってきた感じ?

先日の八王子模型展示会で頂いた互換ブース、ホビラン本申請を終えて
やっと一息つけるタイミングになったので、部屋の掃除も兼ねて設置してみようと思います。

とにかく置けるスペースを作って箱を置いてみた。
イメージ 1




































デカイです(^_^;) 完成すると45☓45☓45サイズ。スリムではない方の互換ブースです。

箱オープン
イメージ 2

































お?一安心(^^)
何が一安心かと言うと、排気ダクトが入っていないんじゃないかと不安でした。
互換屋のHPをみると、ダクト付きは特別版ということになっているみたいなので。
ありがとうございます、互換屋さんm(_ _)m

これらを取り除くと本体が姿を現します。
イメージ 3

































フレームとパネルのみだととても省スペースです(^_^;)

箱から取り出してみてもたったこれだけですよw
イメージ 4


























これなら自作もできそう…なんですが、材料を寸法通りに切り出して部品を揃えて~
という手間を考えたら、やはり素直にこれを買ったほうが幸せになれると思います。

まずはフレーム組み。
イメージ 5





































必要最小限の骨組みです。これにパネルを両面テープで貼り付けることで強度を出す構造になってます。
なので、骨組みだけのときはネジをしっかり締めても結構歪みが生じます。
で、ここでワンポイントアドバイスですが、この床の板目が役に立ちました(^^)
おかげで直角をしっかり取ることが出来ました。

さて、この後は骨組みに両面テープを貼ってパネルを貼り付けていきます。
パネルの方がきっちり直角が出ているので、骨組みの方をパネルに合わせるといいですね。
貼り付けは、ブース内部のパネル取り付けにやや手間取りましたが丁寧にやれば問題なし。
イメージ 6
































焦らずに組み立てて1時間半で完成です。
コレのいいところはLED照明も付いてるところです。
イメージ 7



















昼間だとあまり変わり映えしませんが、これなら塗装のみならず撮影ブースとしても活用できるんじゃないかと。

排気の肝のファン部。
イメージ 8


































下のダイヤルが風量調節。中よりやや低いくらいの位置で、扇風機の強くらいの風量だと感じました。
ただ、低速運転だとブザーっぽい音が気になりました。
これは説明書にも書かれていますが周波数幅変調による音だそうで。
音自体はそこまで大きいわけではないですがちょっと耳障りな感じなので、
音が気になる人は購入前に確認するといいかもしれません。
上の四角いスイッチはLEDのオンオフです。あ、風量ダイヤルの方もオフにできるので
撮影ブース用途も考えられているのかも。

ちなみに前面にフタありです。
イメージ 9


































これなら乾燥ブースとしてホコリの侵入を防ぐのにもいいのかもしれませんね。

なおパネル取り付けにしようした両面テープはこのくらい余りました。
イメージ 10







































説明書には、手順通り組まないとテープが足りなくなっちゃうかもよ(*´▽`*) と書かれていましたが
その心配はしなくていいんじゃないかと思います。

と、ここまでは全て箱の中に入っているんですが、入っていないのがスタイロフォーム。
せっかくなので窓枠に排気ダクトを設置しちゃいます。
ということで近所のホームセンターで購入。1280円なり。厚さは30mmにしました。
早速加工。
イメージ 11

























幅は30cm、排気用の穴はセットに付属の枠を押し付けてグリグリすれば綺麗に穴が空きました。
高さは窓枠に合わせて現物調整です。

で、こんな感じに取り付け。
イメージ 12
























最短距離でベランダに排気です。ダクトは付属の1/3くらいを使用しました。

買い出しに行った時間は無視して、組み立てから排気ダクトを窓枠に取り付けるまでの
総設置時間は2.5~3時間てとこですね。
早速使ってみたいところですが、両面テープの接着強度が安定するまで1日放置してね♪ということなので
本日は設置のみでお預けですorz


さて、散らかったこの部屋はどうしよう(´・ω・`)

なんとかホビランの本申請済ませました(^_^;)
さて、息抜きにプラモ作るか(おかしい)

モニターとしてキットを頂いている以上きちんと義務は果たさねば( ・`ω・´)

さて、しばらく放置している間にツイッター上には続々とモニター作例が出てきてます。
「塗るプラ」と銘打っているので皆さん素敵な塗装をされています。
となると天の邪鬼な私すーめだかは変化球を投げざるを得ないっ( ・`ω・´)

ということで、改造作例をほとんど(全く?)見かけないのでやっちゃいましょう!
ではまずは腕の部分。
イメージ 1



















袖口が埋まっているのが気になったので開口すべく手首を切断。

手の方は切断ついでにディティールアップ。
イメージ 2

































ねずみ男なのでこのくらい骨が浮き出ていたほうがいいのではないでしょうか?

どうせやるならもっとやちゃいます。ポーズ変更(*´▽`*)
ノーマルはこんな感じです。
イメージ 3













































駄目ではないんですがいろいろといじっているうちに、顎のラインと肩のラインがいい感じにハマることに気づき
イメージ 4



















































作例が同じポーズではつまらないので横を向かせることにします。

そうと決めたら後は溶着あるのみ。
イメージ 5















































この隙間を埋めていきます。

で、気づくと背骨と肋骨のディティールまで入れていました(^_^;)
イメージ 6













































これは塗装したらどうなるか楽しみです(^^)

顔は横をにらみつけるような感じに。
イメージ 7
























アカン、これじゃ殴られた顔だわw

だ、大丈夫、瞳が入ればなんとかなる…はず(^_^;)

とりあえず今日はここまで!
イメージ 8





























手首はダボ化せず接着にしようと思っているので残念ながら今はついていません。
が、袖口については開けた甲斐があったんではないでしょうか?

元と比較
イメージ 9































なおこれは右向き改造ですが、実は左向きも顎と肩のラインがいい感じでハマります。
私の場合は妖怪テレビとのバランスを考えて右向きにしました。

春のホビランに出す予定のフレンズはこの面々予定です。
イメージ 1






















数が出揃うとなかなかに壮観です。
とりあえず目前の本申請に向けて仕上げていきますが…
塗装を剥いでいない方は複製前提にはなっていないので分割をする必要あり(´・ω・`)
複製時の歩留まりを良くするためにも気泡が入りそうな形状のところは予め変更したほうがいいだろうな。


ガーリーエアフォース、2話でメインヒロインのキャラがポンコツかわいい感じに描かれていて好感度↑(*´▽`*)
ストーリー的には先が見える感じだけどどう展開していくのか楽しみになってきました。
コトブキの方もまずは2話まちですね。

春のホビランに向けての制作、大物1品ではなく小物沢山なので散らかり放題(^_^;)
ブログの内容もあっち行ったりこっち行ったり(´・ω・`)

本日はシロサイです。あとプレーリーに耳をつけて
イメージ 1


































シロサイは気になったパーツをシンナードボンして塗装を剥がしてから修正。
どこに手を入れたのかわかりやすいですね
こうして写真で見ると、左腕ももうちょっと盛りたいですね。

以前と比べるとこのように変化してます。
イメージ 2



































顔はやや面長だったのを修正、ついでにへの字口にしてキリッとした感じに変えたいと思います。
目は小さめにして、横の巻髪の長さのズレも気になったので切断。
右腕は切り詰めて長さを調整、といったところです。


コメントの方で今期アニメの話題が上がったので超個人的な感想を。
気楽に楽しめる:上野さんは不器用 私に天使が舞い降りた
続きが気になる:ケムリクサ 
視聴継続:コトブキ飛行隊 ガーリーエアフォース えんどろ けもフレ2  
大穴:エガオノダイカ リビジョンズ サークレットプリンセス
もういい:江古田ちゃん バーチャルさん
う~ん:ブギーポップ 

大穴枠の続きが気になりますね。
エガオノダイカはメインキャラがまさかの退場Σ(゚Д゚) たまに作画が怪しくなるのも気になります(^_^;)
リビジョンズは主人公のウザさがどう転ぶかやはり気になります。
サークレットは、ウマ娘とかキリングバイツっぽいB級スポ根ものっぽいところがこの先どうなっていくか楽しみです。

↑このページのトップヘ