2021年08月

椎ちゃんが入っている箱を制作。

131
ガンプラの何かの腕部分だったはず。適度な長さにカットして内側の余計な凸部を削って底にはプラバン貼り付け。
元絵では礼子のハンターカブに載ってるけど、手持ちのカブで乗せるなら~椎ちゃんカラーのこれでしょ。

130
荷台には元々白い箱が接着されていたのを何とか取り外し、荷台には背着用のダボがついていたので
プラバン1枚穴開けて挟み込んで箱を取り付けるベース風に。
が、このカブのセンタースタンド、斜めに傾いて接着されているのでバイクが垂直に立たない事が判明(´・ω・`)
よく見れば左のステップも傾いてるし…あ、リヤの右ウインカーも…う~む(´・ω・`)

なおジオング状態で作る予定だった椎ちゃんは、箱内でのぐらつきを防ぐために仮脚を作りました。

132
流石にこのままだとバランス悪いけど上からチラ見程度なら騙せるんじゃないかなと(^_^;)

133
案外悪くないでしょ?

礼子も手をつけてるけど椎ちゃんのほうが進みが速いw

127
椎ちゃんまだラフだけど割と雰囲気出てるのでは。
どうでしょう?

128
箱入り前提なのでこれ以上の下半身はありません。ジオング状態で完成になります。
あ、そういえば椎ちゃんてジオングカラー!?
足元を揃えるとこのくらいかなぁ。

129
箱や前カゴに入るならこのくらい小さくないと。
2人揃うと礼子もぼちぼちいいかなぁという気がしてきます。

そろそろ完成予定日を設定しないと(´・ω・`)

礼子の顔の試行錯誤はまだまだ続きそうです。

124
こうして単独で画像を載せてもどこがどう変化したのかわかるまいw

前回比較

126
目の周りと前髪はいい感じになってきたけど輪郭は崩れちゃったか(´・ω・`)
今後の課題としてはスカートのヒラヒラ具合。
スカートがなびくような動きではないと思うのだけれどフィギュア的にはちょっとオーバー表現ぐらいが良いのかなぁ。

と迷走中なのでこんなときは大雑把に~

125
椎ちゃんのベース制作開始( ・`ω・´)
箱はプラバン工作かなぁ。

本日の礼子は顔を中心にいじりました。

123
鼻口の部分を盛って高さを増したのが結構効果的だったかも。
上着の膨らみ具合が難しいな(´・ω・`) こういうのは気をつけないといつの間にかめちゃマッチョになっちゃうので。

くるくる

122

そろそろ椎ちゃんにも手を着けだそうかな。

本日の礼子。

119
前回気になった部分を修正。
顔は試しに目・口を作ってみたらいつの間にか細面になってた?そういえば顎ばかり伸ばしていたような気が(^_^;)もう少し横にも広げなきゃ。
この顔だと礼子というよりガルパンのミカっぽいですね。「カブに乗るのに理由なんていらないんだよ」とか言いそうw

ところで~こいつを見てくれ

120
ふ え ま し たw (すでに1台バラしてるけど(^_^;)
いや、ちょうどオク即決で出会ってしまったので。しかも1台あたりではほぼ最安値の価格で。
これで小熊のリュック干渉問題も解決!

といきたかったんですが…  なぜか小熊がフィットしない???

で、じっくり観察したところ…なんか君、造りが荒くない?
特にペダル周りの接着がかなりいい加減で斜めになってる。シートもなんか曲がってる?これじゃあフィットしないわ…タイヤとホイールのハマりも明らかにずれてるし…
何とかならんものか(´・ω・`) …ということで1台さっそくバラし始めた次第です。
が、各パーツの接着は瞬着系接着剤みたいでかなり困難な作業になることが予想される…う~む。

アウトローなスーパーカブ乗りといえば小熊~
ですがこちらも捨てがたいw

BydJlVuCUAEey22
これ最初に見たのは何年前だろう。
で、絵師さんの琴線に触れたのかこのようなものも
E3lwTF_WEAA143O
ナイス!
前かご仕様だとこんなのも
E6gxJW_VcAAaurw
今後つくるなら上の方かなw

すみません、絵師さん誰なのかわからないので無記名です。問題あれば削除いたしますm(_ _)m


さて、小熊はサフ吹き表面処理へ進んだので今回は礼子。
117
現在ここまで。
だんだん線が太くなってきました。
116
元絵と比べてみると
118
顔はもっと大きいのか…膝ももっと上か。どうもスカートの長さが決まらないと思ったら原因は脚の方だったか。
前髪の形状、この画だと礼子っぽくない…っていうか髪型違うよね?

小熊と
115
小熊が立ったら礼子より大きくなりそうな気が…  気のせい気のせい(^_^;)


やはり小スケールは早く進んでいいなぁ。
現在ここまで出来上がりました。

112
というかほぼ出来上がりですね。
まだ残っているのは指とリュックの持ち手部分。それと袖ボタンの打ち直しといったところです。
前から

111
前髪はもうちょっと隙間があってもいいけどちょっと手を入れるのが怖いので塗装でなんとかしようか…。
後ろ

109
BOXとリュックがやや干渉してるけどそこは対策済みゴニョゴニョ…

そういえば夜道雪さんの9/4北杜市おいしい学校でのサイン会延期情報でましたね…
う~ん、それに間に合うように作っていたけど…どうしようかな。
延期日程は10月上~中旬を目指しているみたいだけど。

展示会に持ち出して以降、どこにしまったか行方不明だったケッテンクラートを探し出しました(^_^;)
これがスーパーカブ(小熊)xケッテンクラートの答えかなぁw

107
風防ハンカバ前カゴ装備、色はやっつけレタッチで緑調に。
小熊のカブを全てこの小熊ケッテンに差し替えたアニメ スーパーカブ 見てみたいw

1/32で身長は150台後半という設定でフィギュアを作りましたが、1/35兵士とほぼ同じと考えていいでしょうかね。

105
ただ荷台に乗っているユーリが1/3510代少女と考えるとややオーバースケールかも。

でもこれはこれで需要ありそうな気がする…

104
なお密かに小熊は前髪装備しました。

106
う~ん、タミヤが新ケッテン出したことだしこうやって遊んでいると欲しくなっちゃうな…

なおこの小熊フィギュアは今の所キット化の予定はなしなのです(´・ω・`)
出すとするなら次の次、来年5月のホビランですが…それ以前に今冬12月のホビランはどうなる?
WFも中止が決まったし、海外のコロナ予測で日本はだいぶ状況悪化見込みのようだし…

小熊の細かな作業が続いて目が疲れ気味なのでちょいと浮気します(^_^;)
鉄は熱いうちに打て!例の礼子を。

100
初期状態としてはなかなか順調に形作れたかな(*´▽`*)

…と思ったんですけどね(´・ω・`)

101
…ち、小さい(゚Д゚)ハァ? いつの間に小さくなったんだ???
ポーズ付ける前は1/32で設定身長160台後半ということで52mmの大きさが確かにあったのに
今改めて測ったら47mmしかない…5mmどこへ消えた???

にしても…これは小さい!

102
座ってる小熊より小さいのは流石に…
これは大きくして礼子のままでいくか、逆に小さくして椎ちゃんに変更すべきか…


なお小熊さんにはリュックを装備させました。

103
微妙にBOXに触れてるけどまあこのくらいなら。


誰かケッテンクラートくれないかなー

さあ、1/32小熊ちゃんの細部へ。
ヒートペンのビットは標準4.0mmから1.5mmへ。先端の形状はノーマルと同じです。
あとはもう手を動かすのみ。
で、ここまで。

098
ヒートペンは扱いに慣れさえすればあとは粘土細工と一緒です。
コツとしては加工しやすいギリギリの低温で!ということです。
ツイッターとかでヒートペン使いました~みたいなものの多くは温度設定高すぎ君なんですよね…
一つの目安としてはプラが焦げていないこと。これは誤解のないようにもう少し詳しく説明すると
プラ表面が焦げで汚くなることの原因はビットに付着したプラのカスです!
あ、極端に温度を上げてる場合は別ですよ。
温度高め→プラが糸を引く→ビットに付着→そのまま加熱されて焦げる→造形過程でプラ表面に付着
という悪循環で表面が汚くなっちゃう訳です。
なので温度としては、

ビットに付着したプラカスが焦げない温度!

をすーめだかは推奨いたします( ・`ω・´)

前回比較

097
結構印象変わってますが基本形状は変えてません。

全体像

096
とりあえず上半身中心に進めました。
今後は~リュックは別体にしたほうが何かと都合良さそう。スカートはどのくらいヒラヒラさせたらいいのだろうか。

あとやはり礼子椎ちゃんも作りたいか。つくるならこれ?

1624214263390

↑このページのトップヘ