今日は翼の延長。
ヒートペンだと、同じ材質で造形できる、すぐに固まる、という利点があります。
イメージ 1



























下が延長後です。

本体に取り付けるとこんなバランスになりました。
イメージ 2
機首固定で変形するバルキリーとしては、このぐらいのバランスなら合格点ですかね?

ただ、翼の根本に近い方は、ホントはもっと太くしたいんですよね。
ですが、腕の取り付け基部と干渉してしまうのでこれ以上太くすることができません。
翼の展開機構を犠牲にすれば可能ですが、う~ん、どうしようか…

翼の展開機構については、やや不満というか、まだまだ改良の余地ありというか、
ガタが大きくて信頼性も低いのです。

ワンタッチ変形にこだわるか、翼の可動は妥協するか、悩ましいところです。
ここが鬼門になって、どうにも作業が進まないのであります(*_*)

更に言うと、翼に厚みをもたせるかどうかも悩みどころ。
以前に紹介した
イメージ 3




































これ、翼に厚みがあってちゃんと翼断面になってるのです。
なので小さいながらもスケール感がしっかりあります。

対して、今の翼はただのプラ板w ちょっと残念な感じなんですよね(´・ω・`)


う~ん、どうしよう…     しばらく放置して先に来夢先輩を!?