ダイソーのサークルカッターが結構使える&改造すればさらに使えるという情報を得て早速やってみました。
素材はこちら
イメージ 1
















































まずは状態を確認
イメージ 2



















































刃先と針先がこんなにずれてるんですけど(´・ω・`) これが仕様なんですかねぇ…
もしかしてハズレ? これから購入を考えている方は要チェックポイントです。

で、何のために改造するかといえば、より小さい円を切るためで、
要は針先と刃先の間隔を狭くすればいいわけですな。
というわけで
イメージ 3
黒線のところを削り、赤線でカットして黄色方向に寄せて固定すればいいわけで。

まずは黒線のところを削ります。
イメージ 4
ノコを使おうと思ったけど、針に当たって刃がダメになるのが嫌なのでヒートペンで削ぐことに。
ABS素材なのでノコやヤスリを使うより、クズが出ないこの方が良いです。

歯の方はこんな
イメージ 5
赤線で切断します。
ところで、裏側にはこのように替刃をしまうところがあるんですが、中に替刃はありませんでした(´;ω;`)
これも仕様?スペアの1枚ぐらいは欲しいなぁ…

ここはプラ材のみなのでハイパーカットソーで切断
イメージ 6
安定の切断面ですが、切れ味は落ちてきているなぁ…。

そしたら、刃を止めるボルトの頭が出っ張っているので、削ります。
イメージ 7







































直径1mmの円を目指すなら、この作業は必須です。思っている以上に邪魔です。

で、私はやり逃してしまったんですが、ここで針先を鋭利に、かつ中心ぴったりに来るように研ぐことをおすすめします。
針先が甘いと、精密な円が出ませんので。

さて、後は、切断した刃先部分と本体をくっつけるわけです。
ヒートペン使いの私めは当然ヒートペンで溶着です。
イメージ 8
当初は、刃先部分を平行移動で針に近づければいいかと思っていたんですが、実際にやってみると
刃先と針先の間隔が結構あるんです。なので、刃先を斜めにセットすることにしました。
マスキングテープ程度ならこれでいいんじゃないかということで。

斜めから見るとこんなになってます。
イメージ 9
刃の方は、100均にしてはちゃんと切れますw こうしてみると針先が尖っていないのがわかりますね。

溶着の強度ですが、グラつきなく、これ以上の補強は必要ない感じです。
この程度なら、ハンダゴテでもできるんじゃないかな。

この時点で試し切り
イメージ 10
まずまずなんですが、問題点が2つ
・円周が安定しない
・小さい円を切り出すと、テープが針に巻き込まれる

早速改善( ・`ω・´)
円周が安定しないのは、半径固定ネジを締めてもしっかり固定されないから。
というわけで、摩擦を増やしてみた。
イメージ 11
ヒートペンで細かい凹凸をつけてすべり止めとしてみました。

が、これでもしっかり固定されない…もしやと思いネジの深さを確認してみると
イメージ 12
これ以上はネジが締まらない。これではいくら溝を付けたとしてもだめだぁ。
適当なワッシャーがなかったので、ネジ頭がハマるところを底上げしよう。
イメージ 13
六角穴にちょちょいと盛りました。

完璧( ´∀`)bグッ!  これなら溝は不要です。こういったとこは100均クオリティですねぇ…

ここで再び試し切り
イメージ 14
うん、あとは刃先針先を研いでやればもうちょっと良くなりそう。

で、試し切りしてみると、やはりコンパクトにしたほうが使い勝手が良さそう。
こういったところは先人を見習わなければ。というわけで大胆カット
イメージ 15














































そもそもが、小さい円を切るための改造なので、これでよし。
大きい円が必要なら無改造でそのまま使えばいいわけだし。

せっかくなので、多少ヤスリでならして、ついでに墨入れw
見た目も良くしましょう。

完成\(^o^)/
イメージ 16






















































これでマスキング作業がはかどるに違いない!はず!(*^^*)