結局手を加えてしまいました首の角度変更(^_^;)
イメージ 1













































やや不安が残る状態ですが… 殺し屋の雰囲気が出てきましたねw

躊躇していた最大の理由は、後ろ髪と胴体の干渉。
キットよりかなり上向きに変更するので、後ろ髪全体も角度を変えていかないと首がはまらなくなってしまうのです。
ということで覚悟を決めて後ろ髪も大胆に切断&溶接
イメージ 2



































角度変更ついでに、横にも広げます。首は上下方向だけではなく横に回転もさせているので
キットそのままだとスカスカの方向ができてしまうための改造です。
位置を決めたら、あとはヒートペンでランナーを貼り付けて隙間を埋めていきます。
イメージ 3

































髪の毛に混じってランナーそのままの状態のものも見えてますね。
ここから形状を整えていくわけです。

表側はこんな感じ。
イメージ 4






































耳のあたりから後頭部にかけて横の溶接ラインが見えてますね。ここでカットしました。

仮装着
イメージ 5














































上向き加減がやや控えめに見えますが、これは実はやや上から撮影しているため(^_^;)
まあ、展示会なんかだったら肉眼でみた角度に近いからいっかw
前髪の左側が顎のラインと重なっているのでここは変更かな。
ここまでやったら、髪の毛の先端の方向はもっとちゃんと煮詰めたいですね。

とりあえず顎のラインを見えるように直してここまで。
イメージ 6


























目線は以前のままなので、ちゃんと視線を合わせてやればもう少し可愛くなるかな(^_^;)
って、銃を持っているのに可愛いとかって…