これを作らないと、おそらく死ぬときに後悔すると思うのです。
というくらいに想い入れがある可変(自動)バルキリー。
前日で胴体を割ったので今日はその部分の動作機構を仕込みます。
胴体の開閉は、傘の開閉をみてひらめいたので、まあほぼそのままの仕組みです。
イメージ 1


























以前に作ったものよりはるかにきっちりしている感が(^_^;) ちょっとは上手くなったのかな?
なお参考までに以前のはこんな感じです。
イメージ 2






































ヒートペンの扱いが上手くなったのかな。まあ大きさが違うというのもあるけど。
それと軸をクリップの針金から1mmプラ棒に変更して扱いやすくしました。

こんな事ができるようになったのも、新たに導入した工具の力が大きいですね。
イメージ 3

















静岡HSで購入したゴッドハンドのショートパワーピンバイス+ドリルブレード1mm(画像下)がそれ。

特に威力を発揮しているのがドリルブレードです。
イメージ 4
































先端がこのように尖っているので、狙ったところに確実に穴を開けられます。だけでなく
曲面でもずれてしまうことがないので、ランナーに1mmの穴を開ける作業が確実にかつ楽にできるようになりました。
なおこのドリルブレード、高性能な分それなりのお値段がします(^_^;)
なんですが、通常はセット販売ですが通販なら単品購入可なので下穴用として細いものを1本持っておくと
穴あけ作業はかどること間違いなしです。ゴッドハンドのまわし者ではないですがこれはおすすめ工具です。

閑話休題
開閉機構は傘と同様なので、垂直の軸をベースに固定して可動部を上下させることで胴体を開閉します。
少し閉じた状態
イメージ 5





























最終的にはこの可動部を上下させることで全ての変形機構を動作させたいのです( ・`ω・´)
で、完全に閉じた状態
イメージ 6


































ちょっと下側が開き気味だけどこのくらいは許して(^_^;)
記事では紹介しきれないけど軸の位置決めは穴の位置やクランクの長さなど何度もやり直してますので。
これを左右作ろうと思っていたのだけれど、片側だけでもちゃんと動作しているので
反対側は別の機構用にしようかな。
と言うのも、機首を動かす仕組みが思いつかなくてここまで作って手が止まってしまいました。


こんなときは放置に限る( ・`ω・´)