カテゴリ: タミヤ F117A

タミヤF117、コンテストエントリー締め切り14日だと思っていたらなんと12日だった(^_^;)
今度の日曜じゃないですか( ゚д゚)!

ということでF117はこれで完成にします。

037
全体像はエントリー後に公開したいと思いますm(_ _)m

日曜は雨っぽい…エントリーは明日か明後日!?
運搬できるようにもしなきゃ。

展示ベースはいよいよ大詰め!
表面処理はこれで終わり!

034
パテ盛りの跡を見るとだいたい輪切りランナー1枚分の大きさと同じ。
貼り付けるランナーが薄いとこんな感じで影響が出てしまいます。う~ん…

さて、これで表面処理は終了!塗装へ。

035
と、一回で終えているような書き方をしてますが実際は何度か修正を繰り返してます(^_^;)
サフだけで終わっていればいいものの、実際には黒を吹いてからもまだ紙やすりをかけてます。
が、とにかく着色からクリア重ねがけへ進みました。
ここからはとにかくクリアを重ねていって研ぎ出して~ですが
しばらくは湿気の多い日が続きそうですね(´・ω・`)
締め切りも迫っているので妥協点を探っていくしかなさそうです。

ここまでのまとめ

036


いつ作品搬入するかも含めて作戦を立てないと。
この度の豪雨で被害を被られた方々にお見舞い申し上げます。

F117用の展示台制作も大詰め!
前回の状態に

029

プラ板(1.2mm)で側面を取り付けました。

030
プラ板は曲がり癖をつけてから巻きつけて上端を黒い部分に溶接しました。
ヒートペンで曲げるとキレイに曲がらないから無理はしません(^_^;)
下から見るとこんなになってます。

031
スタイロと段を付けてあるのは、ここにターンテーブルの台をはめるため。
これでよほどのことがない限り転倒はしないはず。

あとはとにかく表面をキレイにするのみです。
金ヤスリで大まかにヤスッたあと、扱いやすいプラ材で凹みや段差埋めをして
紙やすり240→320番、でホントはパテ盛りなんだろうけど
プラ材そのものではどんな感じになるのだろうかと磨き進めて~
こんな感じになりました。

032
時間に余裕があったら全て黒プラで作ってとことん磨き上げる、というのもアリかなと思いました。
でもそんな余裕はないので目指す完成形(つや有り黒)にもっとも最短で到達できそうな方法で
完成目指します( ・`ω・´)
なお320番紙やすりのあとは3Mのブリッスルディスク&リューターのみです。

033
画像だと2本ですが番手違いで4本使ってます。
これは便利ですよ(^^)      …ただ
変なくぼみが出来てしまうというか、高番手になるほどちょっとした凹凸がはっきりあらわになるというか…。
鏡面を目指すなら最終的には紙やすりに軍配が上がりますね。

F117用展示ベース制作の続きです。
とりあえず一通り輪切りランナーを貼り付けました。

027
あれ?側面は?側面は?    

これだけ貼るの結構大変だったので側面はプラバン使用かなぁ…(^_^;)
無理に全てヒートペンでやる必要もないしw

とりあえずここまでで表面を整えていくことにします。

ヒートペンでの表面処理はここからプラ表面をなでつけてやればいいんですが
それだとヤスリがけしたときに大穴が開く可能性大なので
初めの内はなでつけはせずに、細かく切ったランナーで大きな隙間を埋めていきます。
ある程度埋まってきたら凹凸をならしていきます。

028
端の方の処理が甘いけどまだまだ序盤だから(^_^;)

まずは金ヤスリでざっくりと。

029
大きなくぼみがはっきりしてくるのでそこは埋め直しです(´・ω・`)

でもまあ形状的にはほぼ満足(*´▽`*)

コンテスト参加を目指し鋭意製作中のタミヤF117。
本体の方はほぼ終了、残るは展示ベースを用意することです( ・`ω・´)
コンテストの方はどうやら作品を持ち込んだ後は向こうの方が設置をするみたいなので
誰でも設置できる状態にまで作り上げないと…。
ということで展示ベースの制作です。

一番いいのは市販品で流用できるのがいいのですがどうにもこれ!というものが見つかりません。
物色した中で最も良かったのが料理用のろうと。
でも形状がちょっとコレジャナイんですよね。

ま、毎度のことですがなにか流用できるものないかな~と探し回って探し回って
探し回った挙げ句ヒートペンで自作、と(^_^;)
ドンピシャなものを探し回るよりフルスクラッチしたほうが形も時間もプラスなのは
わかってはいるんですが…

709d134575f3e5820c180b7b2b4aa800
ま、他にもいろいろみることできますしね(^_^;)

で、結局は自作なわけですよw

024
ベースはスタイロ。これを削り込んで

025
底面はもっと薄くしたいところだけど…
あとはこれに輪切りランナーを貼り付けていきます。
せっかくなのでキットのランナーを使いましょう
(ホントはちょっと扱いにくいタイプなので別のを使いたいけど(^_^;)
026
まあこんな感じです。ここまでは表面積がそれほどでもないのではかどっているけどここから先は…
これはちょっと時間かかりそう。
表面処理はレジンをかけちゃうのが一番手っ取り早いのだろうけど、
そうするとちょっと重くなってしまうのが難点。

まずは一通りプラ材で覆っちゃおうか。

F117の完成も見えてきました。
023
初公開機体上面!こんな感じになってます。
平面で構成されているのでどのような塗装をするのが一番美しく見えるのかと考えて
薄めのメタリックのつや有り塗装にしました。
下面はほぼ真っ平らで普通の塗装だとどうやっても単調になってしまうので
ご覧の通り宇宙を描き込んでみました。

あとは細かいところを修正して、各パーツを接着して~
展示ベースはどうしようw 
いや、取り付け方法までは考えてあるんですが丁度いいものが身近になくて(^_^;)
底面10cm、高さも10cmくらいの円錐が理想だけど…何かいいものないだろうか。
回転台にのせたいのであまり重いものはNG。むー(´・ω・`)


ところで東京の感染者数はまだまだ増えるでしょうね…
下手するとコンテストエントリーは出来てもコンテスト中止
なんていう事態も十分考えられる…
8月頭のキャラフェスは延期になったそうで、となると8月末のホビランも先行き怪しくなってきたか。

さあタミヤのF117下面の宇宙塗り、いよいよ大詰め。
前回で青黒中心に色を重ねて黒い部分の調子を整えたので
そこに白で輝きを加えました。これでもうほほ完成です。
というか現状ではこれ以上手を加えようがない…

019
最初期と比べると青黒白以外の色味がほぼ隠れちゃいましたね(^_^;)
前回比較

020
星は全て白で打ち直し、白ぼかしもほぼ追加してキラキラ感up。
光の調子がちょっと違うのはご勘弁(^_^;)

む、画像を拡大しなければわからないかも!?

宇宙塗りだけだと単なるキャンバスでしかないので、あくまでステルス機だという主張したくて
&上面との統一感も持たせたくてホロシールを貼り付けてあります。

021
画像だと野暮ったいですが実物はいいアクセントになっているのではないか~と自負しておりますw

なお上面は現在このような状態です

022
ただいま絶賛水研ぎ中( ・`ω・´)

本日の宇宙塗り経過報告
015
脳内イメージにはだいぶ近づいてきたように思います。
赤緑黃が目立っていたのを青黒白でつぶして調子を整えました。

一方、塗り重ねたことでハイライトが消えてきたので、
これは最終段階で入れるのがベストでしょうね。

初期段階との比較
017
こうしてみると単調さが減ってちょっと大人っぽくなった?


ところで東京のコロナ状況が…
今作参戦予定の東武戦線は大丈夫だろうか。
感染者数は2週間前の状況を表すとも言えるのでほとんど無対策だった今の増加傾向は
7月中旬までは続くと予想できます。
となると好転するような材料もなく、下手すると開催中止ということも十分考えられる(´・ω・`)

しかも場所が池袋…\(^o^)/


そろそろホビランの続報もほしいところです…

今日の星空。

011
白いラインに太さのメリハリをつけてより多くの星々に光のぼかしを追加。
全体的に青みを加えました。

前日比較

012
ちょっと神秘的な宇宙っぽさが出てきたような気がします(*´▽`*)
白ラインのメリハリはもっとあってもいいのかもしれない。
光芒ももっとはっきり描き込んでもいいかも。

ということでまだまだ進化の可能性あり( ・`ω・´)

タミヤのF117は絶賛塗装中。(え!?いつの間に!!)
機体上面は艶ありで仕上げる予定なので、少しでも早くクリアーを重ねて固める時間が欲しい!
ということで湿気と戦いながらクリアを重ねています。
上面の方がどんな塗装なのかは当面秘密です♪

その代わりに下面は公開します(^^)

010
宇宙塗り(正式名称ってあるのかな?)に初挑戦です。
ガールズプラモで見かけて、いつかはやってみたいなぁと思っていたところ、
このまっ平らな機体に白羽の矢が立ちました。
自分の中ではこれで仕上がり度は50%くらい?
まだまだ良くなりそうな気がするのでここからどう変わるのか楽しみにしていただければ(*´▽`*)

太い白のラインはもっとメリハリつけたほうが良さげですね。
星ももう少し増やしてもいいかも。
手書きの銀河はなかなかにいいアクセントになっているかも。

一方、彗星っぽいのはややだめっぽい… 緑色も不要だったかも。
全体的には青みを足したほうが神秘的な雰囲気が出てくるのかな?

にしてもこの湿度の高さよ…水を吹かせないように気をつけなきゃ。

↑このページのトップヘ