カテゴリ: 1/72電動変形バルキリーVF-1J

第5回マクロスモデラーズコンテストで河森賞を受賞したのですが~

065
本日河森賞が届きました\(^o^)/
賞状

066
ありがたやありがたや~。
次いで河森賞ならではの副賞

068
この分厚くて重い本!この本だけでひと夏過ごせそうです。河森賞エプロンのカラーは渋い黒!
このエプロンが欲しかった(*´▽`*)  
このエプロン、赤地に白のイメージが強かったんですが賞によって色が違うのだとか。他の色も気になります。
キットはこの3つ

067
なかなかに渋い?チョイス。バンダイさん、ハセガワさん、waveさんありがとうございます。
残念ながらしばらくは積みかなぁ(^_^;)
ムビチケと工具

069
waveさん工具も頂けるんですね、感謝っm(_ _)m しかもどちらも新しいの欲しいなーと思っていたところ!(ホントだよ?)
ムビチケは映画公開を楽しみに待ちましょう♪

改めて応援してくださった皆様ありがとうございましたm(_ _)m

あとは~作品の展示機会があればいいのですが…残念ながら今のところは目処立たず(´・ω・`)
2022年の2月?に八王子模型展示会が開催予定みたいなので無事開催されればそこに持ち込みたいところです。あとはポストホビー厚木店に持ち込んで展示かなぁ。今回はホビージャパンも関わってるし。

キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━!!!!

お陰様でマクロスモデラーズエントリーの変形バルキリ-、1次通過いたしましたー!

050

普通、模型誌が絡むコンテストだと情報公開は雑誌販売まで待ってね♡っていうお約束があるんですが、
このマクロスモデラーズの場合は皆さん1次通過をツイッターで報告するのが慣例っぽくなっているので私もそれに倣いました(^_^;)
でも今回はHJ誌とタイアップしているのでどうなんだろう???という気も若干しているのですが(^_^;)

なにはともあれ、発送の準備ですよ。ただ、破損怖いなぁ…それとどういう状態で発送するのか?
まさか組み上げ済み展示状態で発送なわけないよ(^_^;) でも、となると最終組み上げはお任せすることになるのだけれど、これ、組み上げるの大変っスよ…

ということで即、公式様にお問い合わせ♪
直接持ち込みできなくはない距離なので、可能であれば持ち込みして組み上げまでやってしまいたいと考えています。

これで前回のモンスターのリベンジまでもう一息!

4/30締め切りだったマクロスモデラーズへのエントリーは無事終了しました。

050
完成とはいいつつ、まだ改良の余地があるのでところどころ仮止めなのはここだけの話…
こいつの売りは差し替え無しでの変形なので

051
Gレバーを下げていけば~

052
(*´▽`*)
おかげさまでツイッターの動画も好評でなによりです。みていただいた皆様ありがとうございますm(_ _)m

ちなみにパーツ構成はこんな具合です。

053
トラブった時に修理できるように、ネジや差し込みで組み上がるように仕上げています。
変形のキモは右上にある自作パーツ。なんてことない部品ですがホントに超重要パーツなのです( ・`ω・´)


…ということでこれの完成のために力を使い果たしたので現在過放電状態…
充電するにももう少し気分転換が必要っぽい(´・ω・`)

なんですが筋肉痛を治すには安静よりも軽い運動をしたほうがいいように?少しでも動いていかなきゃ。
ということで~明日5/3の昼頃、通販の告知をいたします(*´▽`*)
ツイッターのDMを介しての個人通販です。基本先着順ですが完売のときには再生産しますし期間もしばらく取るので慌てる必要はありません。
品物ですが、版権に引っかからないものということで
ニパ子、大きい一円玉、汎用うつ伏せ素体の3品です。

041
i5
038
詳細は明日ツイッターの方で。あ、忘れなければこちらでも(^_^;)

残念ながら5/1のホビーラウンド24は正式に中止となりました(´;ω;`)ウッ…

版権モノは流石にダメだけど版権に関わらないものについては個人通販をする予定です。
ニパ子とか
042
Nゲージの貨物として積載可能な汎用うつ伏せ素体とか(※画像はラブライブ仕様の製作中です)
026

大きい1円玉も通販予定です。
i4
詳細は追ってお知らせしますので興味ある方は続報をお待ち下さいm(_ _)m

ということで残りあと僅か、マクロスモデラーズに全力投球です( ・`ω・´)

ここ数日悩んでいたのが変形スイッチのノブです。
何か流用できそうなものはないかなと100均やホームセンターを覗いていましたが…
やっとこれ!というものを見つけました\(^o^)/
032
それがこれ!
アニメと比べてみると
033
これ以上を望むならもう完全自作しかないですが流石にそこまでの余裕はないのでこれで十分でしょう。
さて、ここで問題。これは一体何でしょう?

最近ブログは放置気味のすーめだかです…どうしてもツイッターのほうが多くなってしまいます。

さて、マクロスモデラーズに挑戦する電動変形バルキリーですが

028
やっと腕がついて、これでほぼ外観は完成です。
キットそのままの腕だとなんか華奢だったので、ジャンクのバトロイドから拝借してきました。
ここまできたら後は電動化な訳ですが、そのためにはできるだけ単純な動きで変形できるようにしないといけない(´・ω・`)
で、どうせならと、このようなものを作りまして
031
中身は単純なシーソーになってます。
なぜこんな事をしたのかというと、最終的には電動化ですが手動でも動くようにしたいと言うのもありまして
どうせならあのスイッチで変形したらロマンがあるんじゃないかなと。
そう、バルキリーの変形と言ったらこれでしょ!
main-qimg-46968240e19c65ae666a170871a53dca
このBGFの超アナログ的スイッチ!!リアルタイム世代としてはこのスイッチにどれだけ憧れたものか。
後付の設定ではスロットルレバーの向きを縦にすることで変形するのだとかなんとか。

電動化にあたってはこのシーソーを押してやればいいので単純な上下動でおk(^^)
ぶっちゃけ、電動モンスターの駆動部を流用できて楽できるかなと(^_^;)

ということで、ここからは心のなかでこのスイッチを思い浮かべて見てください。
バトロイド時

029
ここからGレバーを下に動かしてガウォークへ!

030
っていう感じです(*´▽`*)
ツイッターの方では動画で紹介していますのでよければ御覧ください。

https://twitter.com/smdk30/status/1383388019957198853

ところで春アニメもぼちぼち出揃ったところですが…
なんか話がとっちらかっていて理解できないんですけど!みたいな作品増えてません?
それとも自分がもうついていけないほど老化が進んでしまっているのかorz

特に理解不能なのが BLUE REFLECTION RAY/澪 っていう作品なんですけどね…
金曜にTBS、BSTBSでやってます。キャラデザとか声優の演技とかはおっ、と思うところがありますが肝心のストーリーに全然ついていけないです…(´・ω・`)

たまにはバルキリーを。
っていうかマクロスモデラーズ4/30締め切りなんだけど間に合うのだろうか…
他にホビラン用の準備も4/30までにやらなきゃだというのに…

さて、自動で変形するバルキリー製作、難関だったキャノピーカバーがなんとか形になりました。
018
う~ん、カッコいい!  
って、いやこの段階でカッコいいというのはホントは間違っているんですけどね(^_^;)
なぜならこの上にさらにキャノピーが付くから。

本来キャノピーの上から被さるからこそのキャノピーカバーなんですが、それを実現させようとするとあっちこっちに引っかかってしまって肝心の変形が上手くいかなくなる可能性が。
ということで、脚の取り付けの機構が変化していったように、キャノピーカバーも新機構が登場してもいいのではないかと発想を転換し、バイクヘルメットのインナーバイザーにヒントを得て、キャノピー内部にカバーを取り付けるという結論に至りました。

ファイター状態ではこの位置になります。

019
ちらっと見えていても別に違和感ないのでヨシ!

で、なぜ難関だったのかといえば、軽快に動作させるための調整がすごく大変だったから。
この機首先端部に、歯車1個と直線ギヤを2本、さらにカバーを動くように内蔵する、さらにさらにボディの開閉と連動して動かす、という仕組みを完成させるために時間がかかりました。
実はまだコックピット&キャノピーの取り付けを考えないといけないんですがそこは今後の課題ということで(^_^;)

でで、肝心の動作の方ですが、gifで御覧ください。

0407.mp4_000013580
(*´▽`*)

バトロイド→ガウォークに変形するVF-1の課題の一つはコックピットの向き。
飛行機の状態から機首が90度回転するわけなので、当然内部の座席も回転しているはず。
コックピットを円形にして回転できるようにして、下におもりをつければ自重で常にパイロットに負荷のない状態にできるはず。
これは簡単工作(^^)v


…と思っていたんですが、

014
やっぱガウォークのときは機首が下がってないとかっこ悪いでしょ!
で、このポーズで先の自重式操縦席を設置すると~なんかかっこ悪くない???
でで、ガウォーク状態のときには機首と水平になるように、という機構が難題すぎる…

ということで~コックピットを回転させるのは断念(´・ω・`)
ではどうするのかというと…

見えないように隠しちゃえ♪という結論に至りました(^_^;)
そもそも、バトロイド時にはキャノピーカバーがあるのが正解なのでカバーを頑張って取り付けたいと思います。
ただ、キャノピーの上にカバーを取り付けるとなると、そのカバーはどこにしまうのか問題が発生してしまいます。
なので、ここは新解釈のすーめだか流変形機構を搭載したいと思います( ・`ω・´)

ということでできたのがこちら。

0319.mp4_000002836
カバーをキャノピーの上ではなく下にすることで、機首先端に格納することが可能に!!しかもこれでパイロットがしっかり隠れる!
今はまだ手で動かしてるけど、つまんでいる部分は変形機構と連動するように作っているので自動で動く!はず!!

でもまずは各部の精度を上げてなめらかスムーズに動くようにしなきゃ(^_^;)

ブログ更新が滞ったときは造形に変化がないかネタ切れか、あるいは一人寂しく…

え~、今回は作るべき機構は明確なんだけどその調整にものすごく時間がかかっていたためにブログ更新に至りませんでしたm(_ _)m

が!その甲斐あってなかなかのものに仕上がってます…と言いたいところですが苦労の割には地味な感じなんですよね(´・ω・`)

がが!これならgifでの紹介できるんじゃね?ということでこちらのブログでは珍しい、動画でのご紹介です(^^)v
じゃーん

0316.mp4_000003870

機首の動きと連動して翼が開閉するギミックです♪
え、これだけ?とか言わないで(´;ω;`)ウッ…ここまでスムーズに動くようにするの、めちゃくちゃ大変だったんだからねっ。

さて、次はキャノピーカバーだ。ここは目からウロコの機構を組み込む予定なので乞うご期待!

電動での自動変形を目指して絶賛制作中の1/72バルキリー。
今のところは試作の1/100の仕組みをそのまま転用すればいいので割と順調に進んでます。
現在の進捗はこんな感じです。

014
脚部もなんとか取り付けしました。
が、1/100では上体と脚部はアーム1本でつなげていたんですが、1/72では変形プロセスの動きがぎこちない…というか自動で動かすには不確定要素ありすぎてとても使えたもんじゃないorz

ということで1/100では一応試したけど実装しなかったリンク機構を搭載することにしました。
015
針金でつないでいるのがわかるでしょうか?メインのアームはプラ棒、動きを補助するのが針金です。
このリンクにより
016
背部と脚部が平行移動するようになり
017
狙い通りの位置への移動が可能となりました(^^)v

これで上体前面と背部&機首、背部と脚部の連携は取れました。
次は機首と脚部の連携かなぁ。最終的には全てが連動しないと電動自動化に到達できない…


差し替え無し&全自動変形を目指す1/72バルキリー。実は密かに厄介なのが頭部なのです。
設定通りの動きをさせるとなるとバトロイドから180度反対を向いて下に90度折れ曲がるという、単純ではあるけどサーボを使わないアナログ工作となると…

ま、最初からそんな工作はする気ないんですけどね(^_^;) そこは割り切る部分でしょ( ・`ω・´)
で、どのような工作をしたのかというと

012
誠に遺憾ではありますが頭部には変形機構のための溝を彫りました。少々の犠牲はやむをえない…
変形機構を邪魔せず、バトロイドのときにちゃんと正面を向いていること、ガウォークのときは見えなくなるからどうでもいいwというコンセプトの元、このような形状に落ち着きました。
なおガウォーク時はこのような位置になるのです。

013
機体上面との干渉によりこの位置がギリギリ…ちょっと後頭部が下に出過ぎか…
ここは脚部がついたときにどのくらい隠れるかを見てからいじったほうが良さげですね。
ツイッターの方にはこの状態での変形を動画で上げてあります。

っていうとまるでブログを疎かにしているようですがここライブドアブログでは動画対応してないのです(´;ω;`)ウッ… なので~逆に今回紹介している画像はツイッターの方には載せていないのでブログ訪問者だけが見ることがきる特別画像です( ・`ω・´)

↑このページのトップヘ