カテゴリ: アニメ スーパーカブ

5/15浅草は台東館で開催予定のホビーラウンド26,すーめだかの新作はこちら!

242
「スーパーカブ」より「おでかけBEURREセット」と

244
同、「整備中セット」になります。

はー、やっと完成見本ができた(^_^;)
どちらもフィギュア3体セットでお値段¥4,000となりますm(_ _)m
なおバイク本体は付属しませんのであしからず。
スケールはアオシマ製のカプセルガチャのスーパーカブに合わせた1/32です。

おでかけBEURRE後ろ側
243
椎ちゃん箱は製作者が色々と手を加えやすいようにシンプルな作りにしています。
スーパーおの様にて展示させていただいたものからは、箱と椎ちゃんの下半身が大きく変わっています。

一方、整備中セットの後ろ側
245
整備後の小熊はスーパーおの様に展示させていただいたものと変化なし、
水浴びの2人は新造になります。
こちらのセットのほうが制作難度は高いと思います。
ただそれほどこだわらないのであれば組み上げるのは簡単かもです(^_^;)

秋葉原のボークスホビー天国2にて近々展示予定ですので乞うご期待(^^)



現在制作中のスーパーカブフィギュア、個人的イチオシは濡れ透け小熊ですが
相方の礼子も負けてはいません( ・`ω・´)

238
塗装はほぼ終わって、あとは面相と紐類を残すのみといったところ。
今作では、紐類は基本的に細切りマスキングテープで作ることを前提に原型を仕上げました。
とりあえずビキニ紐をマステで貼ってみましたが~もう少し細くてもいいのかなぁ?

こちらの礼子のおすすめポイントは「短パン」でしょうか。
239
このくらいディティール入れてあります。
アマチュア個人制作の手原型1/32フィギュアとしては頑張っている方だと思うのですが(´・ω・`)
ベース塗装→スミ入れ&拭き取り→ドライブラシでこんな感じに仕上がります。


5/15開催予定のホビラン26に向けて着々と準備進行中!
現在は秋葉原のボークスホビー天国2で行われているディーラーエキシビジョン(販売品の事前展示)
に展示すべく完成見本を鋭意製作中( ・`ω・´)

中でもこちらのデザインはホビラン参加に向けて新規制作したものなので
438959

色がつくのは今回が初となります。

で、現在の進捗状況。

232
最大のポイントは1/32スケールでありながら濡れ透け塗装を楽しもう♪というコンセプトなので(今思いついたw)
頑張って塗装しております( ・`ω・´)
お、画像で見ると肉眼で見ているよりもいい感じに見えるぞ?
ってことはもう少しよくなりそうな予感♪

背中側は水が多くあたっているだろうということでピッチリ感を増した造形にしたつもりです。

233
なお、画像だとポーズがちょっとイマイチな感じがするのですが…
腰軸の穴あけの角度が良くなかったですね(´・ω・`)
もう少し体を反った感じが本来想定しているポージングなので制作の参考にしていただきたいと思いますm(_ _)m

さて、ブラをピンクに塗らねば…




礼子の方も塗装進めてますので2人合わせるとこんな感じです。

234
礼子の短パンは白でドライブラシかける予定なのでこのくらい暗い感じでどうかなぁと。
それと礼子水着の紐や靴紐はマスキングテープを細切りにして貼り付けることを前提に造形したので
モールドはありません。
細切りマステの活用は後日紹介していきたいと思います。

今度の土日あたりには秋葉原に持ち込みたいところだけれど…

5/15開催予定のホビーラウンド26の新作フィギュア、スーパーカブ。
テストショット3回で納得行く抜けになりました。

231
不安だった小熊のツナギや濡れTシャツ、椎ちゃんの脚などもほぼ計画通りにうまくいきました。
もうじき秋葉原ボークスホビー天国2にて、ガレキディーラーの事前展示も始まりますので
完成見本を鋭意製作中です( ・`ω・´)

5/15のホビラン26の新作スーパーカブフィギュア。
現在のところ~
原型の表面処理が終わり複製のための粘土埋め
225

~は既に完了して反対側も~既に終わっていて


既にテストショット!

226
よし、レジンの流れは好調だ!

ただこの中の1パーツだけはどうも上手くいかないので、次の型作りに追加するつもりです。
他はレジン先流しをちょっとするだけで綺麗に複製できているのでなかなかに上手にできたと思います。

ところで今回初めてWAVEのアイボリーレジンを使用したんですが、思っていた色味と違ってかなり白寄りですね。
で、これがシリコーンの色と似ていて、複製で生じるバリやレジンのかけらが見えにくい!
これは悩ましい問題です。今は時間に余裕があるのでいいのですが、イベント直前に大急ぎで~となるとかなりストレスになりそうです。

ということで墨入れ塗料でウォッシングしてみました。

227
当たり前といえば当たり前ですがディティールが明らかに見えるのはいいですね♪

なおイベントのたびに1/35シリーズは「欲しいけど塗れる気がしない」と言われて購入に至らないケースがあるので、ディティールを入れて墨入れだけでも十分楽しめるように仕上げたつもりです。

228
靴紐とか肩紐とかおへそとかファスナーとか~

229
頑張った( ・`ω・´)

見習い原型師すーめだかはホビランに参戦しております。
次のホビランは5/15のホビラン26です。なお静岡ホビーショーの最終日です(^_^;)

今回の新作はスーパーカブの1/32フィギュアセットです。
スーパーおの様に展示していたものをブラッシュアップしてのキット化です。
画像はスーパーおの様に展示していたときのもの

150
145
173
209

ここから気になっていた部分を改修して表面を綺麗にして~現在ここまで。

223
表面処理はほぼ完了、これから粘土埋めに入るところまで来ました。
本作は今までの小スケールフィギュアよりも細かく分割しているので制作難度は中級向けかもです。
なお原型師的イチオシはこちら。

224
濡れTシャツを再現した小熊さん。ぜひ濡れ透け塗装にチャレンジしていただきたい逸品です。
余計なお世話ですが購入を考えている方は1/32スーパーカブを入手することをおすすめします。

175
213
これに合わせて作っていますので。
残念ながら生産終了品なので中古で探すしかないのがなんとも…m(_ _)m

前回の椎ちゃん箱、余計な1手を加えてしまったがために気に入らなくなってしまった箇所の修正から。
217

これが前回の状態。この箱の実物を知らない人はこれでなんの違和感もないと思いますが…
修正したのがこちら。
218
違いがわかるでしょうか?

治したのはここ!
219
                                         
この角!この角のためにやり直しました!!


…なんでしょうかこの熱量の差を感じるのは?なにかおかしなこと言いましたか???


えーと、巷で何やらセリアの光る看板が話題になっておりますので早速真似してみました!
220

おでかけBEURREの看板!実験がてら作ってみましたが思いのほかいい感じに仕上がりました(^^)
なお本命はニパ子。
221
このニパ子看板は…もしかして売れるのではないだろうか( ゚д゚)ハッ!                       
なおこちらのセリア品、1/12フィギュアと組み合わせて遊ぶことを念頭に置いているようなので~
222
我が家のカブと合わせてみました。サイズ感ぴったし!
これは1/12フィギュアと合わせたくなりますね(*´▽`*)


                                                                                              

コミック版スーパーカブの挿絵にある「お出かけBEURRE」の椎ちゃん箱。
形状から郵政カブにも使用されているあの箱でしょうね。
ただ、実在するモノとなるとあまり忠実に作ってしまうと大人の事情が絡んで厄介なことになりかねないので程々な感じにディティールアップするのが良さげ?

ということでこんな感じでFAかなぁと。

214
ガレキ化前提なので組み立てやすさ・気泡の抜けやすさを考慮してこんな感じになりました。
特に上蓋の内側は箱本体に接着しやすいようにプラ板を貼り付けてます。
オープン状態がデフォなので、箱を閉じたい場合は加工してもらうことになります。(流石に両立はむりぽ(´・ω・`)

箱がかなり大きいように見えますがおそらく椎ちゃんがちっちゃいのだと思います…
箱の最大高は約50cmなので~小熊を立たせてみると

215
膝くらいの高さ。身長は155cmくらいだと思うのでまあこんなもんかなと。
礼子だとこんな。

216
違和感を受けるほどではないですね。
1/32カブに載せてみると~

217
やや大きい気もしますがまあヨシ!(^_^;)

ただ横の高さ調整のレール部、下の角を丸めちゃったのは失敗か…
角が立っていたほうがそれっぽかったのでここはやり直しかなぁorz

たまには記事更新しないと死亡説が流れてしまいますので(^_^;)

いや、笑い事じゃないですよね…


目下の優先事項は5月ホビランの本申請!この機会を逃したらもう今後出すことはないであろうスーパーカブで挑戦です( ・`ω・´)

まあ、聖地と化したスーパーおの様に展示させていただいたフィギュアたちなので新造ではなく修正を施すだけでいいのでかなり気が楽です。
とはいえ気になるところはやはり直したいもので…

椎ちゃん箱は適当にそれっぽいパーツを組み合わせただけだったので、元画(というか郵政でよく使われてるアレ)のものを新造することにしました。
ということで~
210
実物のサイズから1/32化したものをプラ板工作しました。あれ?なんかデカくない???
載せ替えてみた

211
…今まで入ってたのはクーラーボックスやなぁ…実物のスペックは最大容量168Lということなので~
椎ちゃんは言わずもがな、礼子でさえも入れるサイズなのじゃないだろうか???
今までの箱と比較

212
見慣れてくると郵便屋さんの箱ってこのくらいはあるよね、って感じ?

礼子も並べてみると

213
うん、ありかな。
あとはディティールアップですが~
気泡が入りそうな形状はオミットして複製しやすさを優先させて作ろうかなと思っています。

礼子に持たせるホースの水、只今試行錯誤中( ・`ω・´)
本日は試作3号を。

202
前回とは素材を変えてみました。どんなもんでしょう? ちなみに何を使ったのかわかりますか?
水の飛び散る様子をググったら案外イメージよりも広がらずにまとまっていたのでそんな感じにしてみました。
比較してみるとこんな感じです。

203
もっと水の出ているところと出ていないところの凹凸をつけてもいいのかも。
ところで今回使った素材ですが~

グルーガンのスティックを使ってみました。
それをシリコーンの上でヒートペンで広げつつ形を作ってみました。
角が取れてより水っぽくなった気がしますが細い部分がもう少し欲しい感じですかねぇ…
まだまだ試行錯誤が必要みたいですね(´・ω・`)

次はプラバンとグルースティックの複合技かな?

↑このページのトップヘ