カテゴリ: まちカドまぞくレリーフ

さて、いよいよ魂を入れていきます。瞳と眉毛を描きます。
とその前にまずはCGで色や位置をシミュ。

067
特に眉毛は今作ではモールドを彫っていないので筆を入れる前に位置や長さを要確認です。
で、実際に描いたものがこちら。

066
色の鮮やかさはCGには負けるけどだいたいイメージ通りに描けたかなと。
そしたら頬に朱を指すためにつや消しを吹きます。頬紅は私、パステル派なんですが
表面ツルツルのままだとパステルってのらないんですよね。

068
全体がマットになったことで雰囲気も向上!いいのではないでしょうか。
多方向から。

069
070
071
最後にシャミ子とご先祖のしっぽを伸ばしランナーで取り付けます。穴は0.5mm。
ということでまちカドまぞくレリーフ完成です\(^o^)/

072
背景は元絵を再現しようとするとものすごく大変なので逆にシンプル仕上げで(^_^;)
元絵と同じアングルとしてはこんな感じですね。

073
上部に穴を開けて壁掛けに仕上げてもよし、フォトスタンドに立てかけるもよし、
作る人の工夫を活かせるように自由度を高めた作りになっております(^^)

ちなみに表面は綺麗でも裏から光を当てると意外とムラがあるもんなんだなぁと…(^_^;)

074
レリーフだからこそ自分の塗り方の反省ができます。

シリコーン型完成!

057
すごく綺麗(*´▽`*)部分を拡大してみていると凹なのか凸なのかわからなくなりますね。
さて、次はレジンを流すわけですが、レリーフなのでこのまま流し入れるだけの超簡単仕様(^^)
で、テストショット。

058
裏から光を当てての撮影ですが…う~ん、美しい(*´▽`*)
これならパーツ分割せず1パーツで正解でしょう。
いざ塗装へ。テンポよく行きましょう!

059
060
061
062
063
マスキング面倒だったので筆塗りしました。
ラッカー塗装はここまで。ここから先はやり直せるようにエナメル使っていきます。
では次回をお楽しみに♪

さていよいよ複製へ。
とその前に…

052
全体にクリア吹きっぱなしのツヤツヤにします。
粘土離れが良くなるし製作時にツヤアリ→つや消しのほうが簡単なのでこうしてます。

さて、粘土埋めといってもレリーフなので埋めると言うよりは粘土の上に置くだけ(^_^;)
053
いつもはブロックを使って四角に囲みますが今回はそれだとシリコンの無駄が多いので
ご覧のようにプラ板で多角形にします。
工夫が必要なところは2箇所。
まずはベースからはみ出しているシャミ子の両手。

055
ここは別体にするか悩んだところですが、まずは分割せずにやってみます。
もう1箇所はベースから浮いているご先祖の左手。

054
ここには柱をつけました。後でシリコン型に切れ込みを入れることでパーツが抜けるはず!

これでシリコーン流します。

056
つづく。

サフを吹いたこの状態、
040

から、気になるところをリューターで均すとだいたいこのくらい削ります。

044

削っていないところは問題ないわけではなく、手作業で十分だろうと判断したのです。
ベースを付けたら手が入らなくなるところを優先して作業して程々になったらベースと一体化します。

045

これが一発で決まればよかったのですが~
046

こんな感じに隙間がorz  
この隙間、場所や大きさによってプラ、パテ、粘土と使い分けて効率重視でやっつけます。

050
前後比較でこんな感じです。
と、表面処理&隙間埋めをちまちまとやって、複製直前まで仕上げたのがこちらです。

051

パッと見でも滑らかさが感じられるのではないでしょうか。
次はいよいよ粘土埋めへ( ・`ω・´)

まちカドまぞくレリーフの前回記事を搔いたのは7月ですかそうですか(´・ω・`)
今やすっかり冬ですねぇ…

ではその続きから。
キャラの造形は終わったのでベースを作ってレリーフ化。

035

青い部分はがラス板の上で平面を保ちつつ作っていたはずなのにだいぶ反ってしまっていました。

037
これの反りを修正しつつプラバンとフィギュアを一体化させるの、めっちゃ大変でした。
まだ傷チェックしていないので仮止めした後仮サフを吹きました。
038
1色になるとぐっとレリーフっぽくなりますね。
039
版権申請はこの状態で届出ました。
申請提出後はキット化に向けて表面を綺麗にしていきます。なので一旦ベースから剥がして
041

気になるところを修正していきます。
つづく。

まちカドまぞくレリーフ、本申請に向けてはだいたい出来上がってきたかな。

031
まだ尻尾が手つかずだけど~購入者に自作してもらう?

032
初挑戦のレリーフだけど、こんな感じでいいのかな?

033
シャミ子の手の部分だけは大きく前にせり出したので複製のときに鬼門になりそう…

このままでも悪くはないけどこれだと複製できないので背面にプレートをつけて
オープン型で簡単に複製できるようにするつもりです。

初期状態との比較

034
ここまでたどり着くのに約40日でした。これが早いのか遅いのか…


ところで一番力を入れたコンテストはどうやら…orz かなり放心状態。
流石にもう可能性は潰えてしまったか…

VKMコンも今回は見送りかなぁ…あとはアレにエントリーか。
頑張る( ・`ω・´)

ブログサボリ気味ですなぁ…

前回紹介したのはこちら

017
まちカドまぞくレリーフ製作開始から10日目の状態。

ん?ということは新潟旅も挟むほど放置していた???

う~む、ヤフブロのときは1ポイントだけどTポイントもらえたから毎日うpしようというモチベがあったけど
ここに移行してからはどうもご無沙汰気味ですなぁ…

ま、いいや(軽w) 
製作開始から10日、から更に20日放置ということは製作開始からほぼ1ヶ月ということですかそうですか(´・ω・`)

流石に1ヶ月ちまちまと進めていた甲斐はあったのかな、現在このような状態です。

023
だいぶスッキリしてきたのかなとは思いますが…思っているほど進んではいない???

ちなみに初期状態との比較

024
これならまぁ…

10月のホビラン27に向けて、仮申請は通ったので次は今月下旬の本申請に向けて仕上げるのみです( ・`ω・´)

まちカドまぞくレリーフの進捗状況。
比較画像作ってないので新旧画像並べでm(_ _)m
005

017


いや、流石に変わりすぎw もうちょっと途中経過ないんかいと突っ込みたくなりますね(^_^;)
ここまでで製作期間10日といったところです。

ブログの毎日更新難しいなぁ…
内容薄くてもいいから毎日更新がいいのか
ある程度内容を濃くしての不定期更新がいいのか…
前者はツイッターで事足りるのでブログに求めるものとは一体…

今は私すーめだかやヒートペン造形に興味を持てくださった方向けに過去ログを残すのが主目的?

まあブログも徐々に役割を終えていくのでしょうか。


さて、現在メインで製作しているのはホビラン27で新作として販売できたらいいなぁと思っているものです。

005
今までのフィギュア造形と違って新機軸に挑戦です。
まだ版権降りるかどうかわからないし狙い通りに行くかどうかもわかりませんが~しばらくはこれメインで。


ところで
6/26に静岡ホビースクエアで模型展示会が予定されていますが
私、参戦予定です( ・`ω・´) 
メインに考えているのはこれ!

051
変形するバルキリー。
あとは闇キューレにするかモンスターにするか、はたまたリガードにするか、あるいは!?
今のところ天気も良さそうなので続報をお待ち下さい。

それと現在ツイッターの方で大きい一円玉を直接通販中です。

i23
興味ある方はこちら
https://twitter.com/smdk30/status/1538431190926954496 
で案内してますのでよろしくお願いします。
一応6/30締切にしていますが個人通販なのでそれを過ぎていても在庫があれば受け付けますのでお気軽にDMして下さい。

↑このページのトップヘ