カテゴリ: エレン・ベーカー先生

エレン・ベーカー先生完成しました\(^o^)/ カワイクデキタヨー
イメージ 1
イメージ 2























































































予想以上に作業が進み、一気に完成させちゃいました。
これなら東○書籍も納得してくれるでしょう(^_^;)

いや、実は左腕以外にもひび割れが発生していて、これ以上いじると
バキッと逝ってしまいそうというのもありまして。

首は可動というより固定していない状態なので、多少傾げたり回転させたりできます。
イメージ 3
塗装は、瞳がない分楽だったのかな。
口内はピンク1色ですが、深く掘っておいたのでいい感じに影がつきました。
もみあげのまきまきもいい感じじゃないでしょうか。例のパーツです。

くるりんぱ
イメージ 4

























組んだ状態だとスカートの後ろ側は見えません。せっかくしわをつくったのに…



というわけで分割( ・`ω・´)
イメージ 5









ここは接着せずはめ込みのみにしてあります。
スカートのベルト通しが後ろにないのは手抜きですw




そうび>聖剣らしきもの
イメージ 6
いや、これ最強のセイバーでしょ(*´▽`*)

正面顔もいいもんです。
イメージ 7







































ちなみに持ち手はリューターのビットサイズにしてあるのでいろいろ持ち替えることができます。

剣を振り回す英語教師と、それを見て若干引いてる中学生の図
イメージ 8





ご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m




次は何を造ろうかな。


今日は絶好の塗装日よりです。室内にいるのがもったいないくらい。

まずは下半身から。
足は塗装済みなのでスカートの中にティッシュを詰めてマスキング。
イメージ 1

そしたらシャドウを吹きます。スカートがベージュなので茶系を吹きました。
イメージ 2
次にベージュを、と調色したものを吹くと…  なんでこんなに黄色いん?

この色はスカートにしか使わないので、ブラシのカップ内で直に色を調整しました。
もう後戻りできない。

で、結果こうなりました。
イメージ 3
ベージュとは違うな…  先に吹いた茶系とも相まって、革のような風合いになってしまいましたorz
しかしこれをやり直す気力はない(´・ω・`)
ということで、いつもの「とりあえず放置」です。

次は上着。シャドウには青をそのまま吹きました。
イメージ 4











































あれ?なんかこのままでも悪くないかも。

しかし水色を既に造ってしまっているので今の雰囲気を壊さないように丁寧に吹きました。
イメージ 5
…そのままのほうがよかった?

はい、放置( ・`ω・´)


乾燥待ちの間にこんなものを造形
イメージ 6
エレン先生のアレです。3次元的にはこの形のはず。どこにつくのかはお楽しみに♪


で、下半身披露
イメージ 7









































ベルトのバックルがまだ未塗装なのは内緒ですw
脚の肌色と合わさったら、スカートのこの色もありですかね?

で、上着も…  マスキングをはがして、っと       ポキ     ポキ?

あああああああああああああああああああああああ
イメージ 8
さっきの音は腕が折れた音じゃなく、心が折れた音だったんだ\(^o^)/


ここまできて折れるかあぁぁっっっっ!
今回は腕や足の折れはなかったのに、塗装終了後に折れるとは_| ̄|○
高名の木登りを100回読んで猛反省です。

これはヒートペンの出番ではないので、とりあえず接着剤で補修。
う~む、この後どうしようか…
左腕は取り外しできない分強度をだして、武器を持つメインの手にしようと思っていたのに。

とにかく一度組んでみて様子見&放置。
イメージ 9
モザイクかけましたが、元絵の雰囲気出てますかね?
完成は 、あさって?

前回、下半身を塗装したのでスカートと合体させます。

塗装済み下半身
イメージ 1





































下着より上は絶対に見えない部分なので手抜きです。
マスキングの手間が省けました。

で、切開してあったスカートを溶着していきます。
といっても、下半身とスカートは溶着しません。
スカートのみを溶着します
イメージ 2
最後に表面をヤスリでならして装着完了。

そしたら、ベルトの造形。
イメージ 3
ベルト通しは前の2箇所のみ。またしても手抜きしました。

おまけにフェチポイントを造ってみました。どこかはご想像にお任せします(^_^;)
イメージ 4

































この後は溶きパテ&サフ処理です。

で、乾きを待っている間に何をしようかと…


やっぱこれでしょw
イメージ 5
手持ちに武器がなかったので自作することにしました。
これは塗装しなくてもいいかなぁ。

さて、乾燥&修正を何度か繰り返して、本日の成果
イメージ 6




































































…ここまで来て、上半身と下半身のつなぎ目が気になるというorz

でもまあ、これなら明日塗装できるかな。




おまけ。これは人気出るのもうなずけるw
イメージ 7

塗装前の表面処理です。
前回の反省を活かし、溶きパテをたっぷり塗りました。
で、気になる部分だけヤスリがけしました。
イメージ 1








































特に膝上はスカートで隠れてしまうのでほとんどそのままです(^_^;)

この後、エアブラシでサフ吹いて、ちゃっちゃと塗装しました。
イメージ 2









































下着に白→マスキング→暗肌色→明肌色→暗肌色で塗装しました。

他の部分にも溶きパテ。
イメージ 3
この後、気になる部分を修正して、さらに下地を整えます。

地味な作業なのでブログ映えしませんがお付き合いください。m(_ _)m

制作を始めて11日目。
自分の知る限り、ベーカー先生のフィギュアを完成させたのが2件(フルスクラッチ)あり。
う~む、2歩遅れたか…
GW前半での完成を目指したいが果たしていかに。

さて、造形作業自体は大詰めといったところ。
残す大作業はスカート部のみ。
まずはしわの表現。
イメージ 1
今の自分ではこれが限界(´・ω・`)  

で、割ります( ・`ω・´)
イメージ 2
こういう作業はヒートペンならでは。

で、分割。
イメージ 3
こうやって見ると、スカートから出ていた部分の表面処理の進行具合がわかりますね。

ちなみにスカートの内側はこんなになってます。(微グロ注意)
イメージ 4







開いたついでに、穴が開きそうなところは裏打ちをします。
それと、組んだ時に見える部分は滑らかにします。

今回はスカートの着脱はなしにするので、先に下半身を仕上げてしまいます。
といってもほとんど見えなくなる部分なので、手を抜けるところは抜きます。

ということで、今しか撮れない画
イメージ 5はい、そこ。エロ目線で見ない!

スカートないほうが腰が太く見えるなぁ。脚、もうちょっと長くても良かった?
後ろ姿だけだと、水着着てビーチにいそうな感じですね~。

さて、パーツ分割ですが
イメージ 6
こんな感じになってます。
頭部は分割せずこのまま塗装、スカートは下半身塗装後に溶着して閉じます。
右腕は表面処理がある程度進んだところで体に接着、と
その後が楽なようにしていくつもりです。

前回の課題、フェイスラインを見直しました。

基本はほほをふくらませるんですが、口を大きく開けているので
ほほが膨らむというのはおかしいので、盛る位置を工夫して
調度よい具合を探しました。

もともと、のっぺりと顔を造っていたので、実はかなり色んな所に盛ってます。
上瞼、鼻筋、目の下等、いわゆる表情筋があるところは細かく修正してます。

で、こうなりました。
イメージ 1
撮影角度を揃えるのは難しい… 

体に取り付けて確認すると
イメージ 2
( ・`ω・´)     またしても顔の角度が違うのはご愛嬌ということで。

かなり雰囲気が近づいてきたんじゃないでしょうか。

だけど… 眉毛がいつの間にか下がりまゆになってしまってるなぁ???
髪の毛の切れ間からわずかに見える部分で、ちょうど山形になるようにしないとイカンのか…
これだとちょっと困り顔になってしまってますね。
あと、左側の前髪のライン、これも困り顔に見える原因ぽい。こちらも形状修正を。

さて、改めて元絵を見ると…  
なぜこの原作者はこんなところにアホ毛をつけたのだろうと小一時間…

ええ、つけましたとも。ここですよ、ここ!
イメージ 3

イメージ 4












































流石にこれを飛び出さして造るのはめんどいので盛って形を整えてよしとします。

気になる人は画像検索してみてください。「あ、ほんとだ」ってなりますよ

造形作業もゴールがおぼろげながら見えてきました。
大変更はもうないだろう、というところまで来たので、細部を作りこんでいきます。

と、その前に、昨日折れてしまった前髪を作り直し
イメージ 1
直しついでに基部のカーブから見直しました。
ちなみに表面は紙やすり240番で処理してます。

さて、今まで手付かずだった胸元を造ります。
そもそもブラウスも何もしてなかったのでその辺も一緒に。
イメージ 2
左から
・表面をならして、襟とリボンを線描き

腰まわりのブラウスのしわ彫り込み 前たての彫り込み、リボンの下方のひらひら造形

・リボンのチョウチョ部分造形 襟の造形

って感じです。


で、仕上がったのがこんなです。
イメージ 3
こだわるなら、リボンも立体的にすべきなんでしょうが、左腕で隠れてしまうので
張り付いた状態でよしとしました。

組んでみるとこんな感じになります。
イメージ 4
リボンはもっと盛って高くしても良かったかも? 
塗装のシャドウでなんとかなるかな。
あとは、ボタンを別に作って貼り付けてやればさらにらしくなると思います。


で、ちょっとペイントで顔をいじってみたのだけれど…
イメージ 5






















やっぱりフェイスラインがすっきりしすぎてたかなぁ。
元絵と見比べると、黒ラインのほうがしっくりくるんだけど…


こりゃ、改修かな(*_*)

いよいよ表情の造形です。
最優先は似せることです。少なくとも、欲しがられるようなお顔にしたいですね。

閉じた目をどう表現するか、トライ&エラーを繰り返し、妥協点を探りました。
今日のところはこんな感じです。
イメージ 1













目の造形はこんな感じでいこうと思います。まだ微調整は必要ですね。
口はほとんどいじってないので宿題ですね。

あ、前髪の丸まっている部分がいつの間にか折れてる!!! orz

今日は持ち手もキチンと作りました。
イメージ 2

























棒を左右の手で持つようにするのは難度が高いので、ある程度まで煮詰めたら
左右、それぞれ片手でものを持てるようにしました。
細いものなら両手を通せます。

で、早速
そうび>こんぼう
イメージ 3






































…これは遊べる



ちょ、ベーカー先生!何をするくぁwせdr
イメージ 4

今日は頑張ってなんとか前髪を完成させたいっ!
と頑張って、まあこのくらいか、となりました。
イメージ 1






































似てる、似てないで言えば似てません、はい。
そのあたりは今後追い込んでいきますのでご容赦を。


思っていたより早く髪型にケリがついたので、上着の膨らみを修正。
イメージ 2






































ウエスト部は落とし込み、膨らみはより強調させました。
腕にもしわを入れてみました。
ヤスリで表面処理をするので、山部分は尖らせ気味に造っています。

今日は曇り空でしたが、外をバックに撮影したらいい感じにシルエット撮影ができました。
イメージ 3






















































自分で言うのもなんですが、「カッコイイ(・∀・)!!」

う~ん、これを見てると、神スイングverも造りたくなりますな。

さらに、今日は足元も見直しました。
といってもまだ素足のままの右足に靴を履かせただけですが。

で、肝心なのはバランスが狂っていないかどうか。
イメージ 4
\(^o^)/ 自立出来たよー

かなり不安定ながらも自立しました。ただねぇ…

靴はパンプスだな、と思って検索したら、かかと部って意外と高さがあるし、とがってるんですね…
そしたら自立はかなり厳しそう。

今日は思いの外作業が進みました。
そろそろ表情にも手をつけていきましょうか。

今日までのベストショット。
イメージ 5
元絵よりちょっとほっそりしてるような印象だけど、表情をつけてどうなるか、ってとこでしょうか。
でもまあ、これならベーカー先生だとわかってもらえるかな。

比較
イメージ 6















































一応、中学生と並べられるような身長で造ってきているので、こんなもんですかね。

にしても西方くんの使い勝手の良さ(*´ω`*)

今日は作業できなかったので、ここまでの中間まとめです。
イメージ 1
初めに、色なんですが、終盤の3枚のような灰色が実物に近いです。単に光の当たり具合によるものです。

微妙な撮影角度の違いもありますが、こうして並べてみると、腕が結構動いてますね。不思議だ…

スカートをタイトにして着脱不可にして作業をしてると、このままにして割らずに完成させてもいいのかも。
ついでに、腕も分割せずに胴体としっかりくっつけてしまったほうがいいのかな、とも思ったり。
特に分割するメリットを見いだせていない現状です。複製するわけでもないしなぁ。
例によって、あくまで自己満足の世界です。not for saleです。 残念ながら(^_^;) 
売れるもんならくぁwせdrftgふy  

とりあえず現在までで、可愛い感じになっているので、今後の造形としては
・やわらかな上着のしわ 裾の延長
・タイトスカートのしわ
・持ち手
・髪型
・笑い口
・武器!?
といったとこでしょうかw

ちなみに武器と持ち手なんですが、そもそもが素振りを終えたところの手なので、
物を持つような状態ではないんですよね。
試しに細長いものを持たせてみたら、どうしても落としてしまう。
そういった「現実的にはちょっとありえない」をいかにそれらしく形作るか、今後の課題です。


↑このページのトップヘ