カテゴリ: けものフレンズ

4/7ホビランに向けてフレンズ150体絶賛複製中( ・`ω・´)
はいいんだけど放送中のけもフレ2がなぁ… こりゃホビランは巻き添えを食らって爆死の可能性が(^_^;)
もともと逆張りでフレンズフィギュアを出すことにしたんだけどまさかこれほどとはリハクの目を持ってしても以下略w

俺、今度のホビランで黒字になったら次はケムリクサ関連を作るんだ(´・ω・`)


さてw 複製150体なんですが、今回は思いの外順調?というか作業効率がかなり上がってます(^_^)v
一番の大きな工夫はこちら
イメージ 1












































気泡が残りやすい部分に予めレジンを少量流しておくんですがその方法を変えたこと。
レジンを予めスポイトに取っておいて、1滴をすぐに取り出せるようにしました。
それぞれ1滴ずつ混合して爪楊枝で型にちょんちょんとつけていく訳です。

実際にやったのがこちら
イメージ 2
























黄色のラインのところにレジンを先流ししてあります。
これで複製品の歩溜まりは確実に向上しました。
当初予定だと3月末までに150体抜き上がればいいかなと思っていたところ、現在
143体まで出来上がりました(^_^)v  あと7体でフレンズすべて複製完了します!
これはかなり余裕ができる! 余った時間で~ ???

今日は秋葉原へ行ってきました。目的は2つ。
1つ目はホビランのディーラーエキシビジョンへの展示。
イメージ 1
























このような感じで展示させていただいてますので近くにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
ボークス秋葉原ホビー天国(ラジオ館じゃない方)で開催されています。

2つ目はガルパン模型コンテストの作品回収。
イメージ 2


















































おかげさまでフィギュア部門の最優秀賞頂きましたm(_ _)m
賞状もきれいなフレームごと頂きました(^^)    頂きました…    うん。

立派なお花をいただきましたが、団子が欲しかったな(´・ω・`)

なおこのサメさんチームフィギュアは4/7のホビランにて再販するので
展示見本作例としてこのジオラマも持っていこうかなと考えています。


帰りには厚木に寄り道して、ポストホビーのプラコンの作品回収もしました。
で、今回のプラコンの銀賞と、年間ランキング入賞の2つ団子を頂いてきました(^_^)v
まずは銀賞の団子
イメージ 3































お?これは一体何のキットだ?プラモではあまり見かけない正方形に近い箱。
ドラゴンボールのメカコレかとも思ったんですがそれにしては大きいですね。
これはいったい何なのかクイズにしましょうかw
厚みも6cmほどあって…う~むこんな感じの箱って見たことないな。

続いて年間ランキングの団子。
今年度は5位だったので期待していいのかな(^^)
イメージ 4




















































お?これはFAG系の箱のように思えるぞ?
といって以前に開けてみたらボンネットバスだったという過去があるので(^_^;)
特徴は~、お、重いw  この箱に部品がぎっしり詰まってるのか、異素材があるのか
とにかく箱のサイズからイメージする重さよりはるかに重いです。

あまりにもしょぼい情報ですが何が入っているのかひらめいた方はコメントしてください(*´▽`*)
まあ、特に賞品とかは考えていないんですけどね(^_^;)  
でもこれから複製作業に取り掛かるとエラー品も出ちゃうからなぁ、エラー品どうしようかなー(棒)


ということで、とにかくこれから先しばらくは複製作業メイン&美少女コンの作品制作の日々です。
複製、フレンズは各10セットの予定なので15体☓10セットは~


150体!?(´゚д゚`)

1/8とかの一般的なサイズだったら確実に死ねる数ですね(^_^;)

この2日間で6体のフィギュアを完成すべく頑張ってみましたが…

やったぜ( ・`ω・´) しかも萌えではなく…
イメージ 1





























う~ん、これはエロいw 世の中のフェネック推しの方、ぜひ買ってくださいm(_ _)m

以前は某所で邪神とまで言われたフルルはリメイクしてこんな感じの仕上がりです。
イメージ 2

























































あ、服の黒い点を描き忘れてた(^_^;) あとで付け足さなきゃ。
不思議ちゃん成分は減ってしまったかな… 塗装でなんとでもなるといえばなりそうではありますが。

アライさん
イメージ 3










































はしごは展示用にやっつけで作りました。
う~む、ちょっと目が離れすぎてるなぁ… 塗装で何とかなるかな?
お腹の部分はスカートの黒が見えているのが正解かな。あとで塗らなきゃ。

ということでフレンズBセットはアラフェネコンビ+フルルです。
イメージ 4



























こうしてみるとなんとも不思議なセットに仕上がりましたねw
なおフェネックは耳が大きいこともあって他のフレンズと比べるとかなり小顔です。

とにかくこれでホビランに出す新規フィギュア全て出揃いました。
なぜにこんなに頑張ったのかと言うと
ボークス秋葉原ホビー天国にて行われているディーラーエキシビジョンに出したいから。
事前に出展作を見てもらうことができるので少しでも宣伝できたらと(^_^;)
こんな感じで展示しようと思っています。
イメージ 5

明日にでも持ち込もうと思っているけれど、バイクで行くので天気がやや心配(´・ω・`)
朝イチで行ってすばやく帰るか、月曜にするか判断が難しいところです。
朝の天気次第かな。

頑張ってフレンズセット4つ目仕上げました。
こちら、フレンズCセットになります。
イメージ 1
























ジャガー、コツメカワウソ、プリンセスの3体セットです。

ジャガーさんは、「わからん」でも「ごはん」でもなく「えぇ…」のときのポーズを立体化w
イメージ 2

























































ブラウスのフリルとか脚とかいいんじゃないんでしょうか。
ちなみに一番大変だったのは前髪パーツ。顔の前方にこれだけ張り出されると
形をとるのが大変でした。こちらは完全新造です。

プリンセス
イメージ 3












































頭の黄色い羽?はキット化にあたって大変だったところ。
元はワンオフだったので伸ばしランナーを流し込み接着剤でそれっぽくしておけばよかったのだけれど
キット化となると… とにかく細かいパーツなので購入した場合は破損させないようにお気をつけください。
腰回りの服のシワがお気に入りポイントです。
このポーズだとやはり回転させて展示したいですね。

コツメカワウソ
イメージ 4
































顔は、以前のものはのっぺらぼうで塗装で表現していましたが
キット化に当たり目を凸モールドで制作しました。
それと腕は胴体と1体化してパーツ数を減らしました。
ちなみにこのキットの正しい?設置方法はこの向きです(^_^;)
イメージ 5










































どのシーンかお分かりになるでしょうか?

さて、明日にあと3体…(´・ω・`)

ホビランの新作フレンズセット、3つ目仕上がりました。
フレンズDセットは、イワビー、シロサイ、アルパカの3体です。
イチオシはイワビー(*´▽`*)
イメージ 1








































劇中の元気なイワビーではなく萌成分多めのイワビーです。
一番最初に作ったときはこの髪型の複製は無理だろうと思っていたんですが
為せば成るもんですなぁ♪いや、これぞ自分の成長の証かも?

特徴的な靴紐は筋彫してあるので、スミ入れでこのようになります。
イメージ 2



































イワビーが見上げるポーズなので、これは上から鑑賞するのが一番可愛く見える角度です。
そのためこの位置からだと首の接続部にやや違和感…

このサイズなので許してヒヤシンス
イメージ 3













































お薦めは手乗りイワビーです
イメージ 4
























(*´▽`*)

3体セットだとこんな感じです
イメージ 5



























シロサイは顔を大幅に修正して、各部バランス調整と表面処理しました。
比較するとこのくらいの変化が。
イメージ 6



































ヨロイを着たフィギュアを作りたい人にはオススメですね。
1/35ですがヨロイのおかげで結構なボリューム感です。

アルパカさんは
イメージ 7






















































ふわふわ柔らかそうな感じに仕上がったのではないかと(*´▽`*)
作り忘れていた胸下のリボンはマスキングテープで再現することにしました。
お盆の邪魔にもならないしお手軽でそれっぽく見えるのでこれでいいんじゃないかと(^_^;)


これでフレンズセットは
Aセット:サーバル、かばん、ボス
Dセット:イワビー、シロサイ、アルパカ
Eセット:ハシビロコウ、ビーバー、プレーリー
の3セット出来上がり。
イメージ 8




















できれば日曜に秋葉原に持ち込みたいけれど…あと2日で2セット6体か…
展示ベースも作るとなると… う~む(´・ω・`)

只今フレンズDセット塗装中。
Dセットはシロサイ、イワビー、アルパカの3体です。
なんでこの組み合わせかって?
どうしても崩せないペアを組み合わせていくと…  ということです(^_^;)

で、ちょこっと紹介。
シロサイ
イメージ 1





















































お尻がお気に召した方はどうぞご購入くださいm(_ _)m
なおしっぽは1期アニメだとどうにも確認できなかったので(むしろお尻を隠したくない? www)
必要な方は自作してください(^_^;)

イワビー
イメージ 2






































こちらは以前に完成させた形状からほぼそのままで商品化したので萌成分多めのイワビーです(*´▽`*)
特徴的な靴紐もちゃんとモールドしてあります。パーティングラインを避けてるので
墨入れすればバッチリの靴紐が表れます。

アルパカさん
イメージ 3























































塗り始めて気づいたんですが胸元のリボンが無かったorz 
う~む、別体でリボンを作るか…
でも、腕をつけるとお盆の邪魔になるしここはどうせなので塗装で表現したほうがいいという神様のお告げか?


ホビランの最終通知届きました。卓番もわかりましたのでそのお知らせについては明日にでも。

4/7のホビーラウンド21に向けた準備は着々と進行中。
シリコーン型づくりは一通り終了( ・`ω・´)
あとは版権プレートと台座的なものと、部溜まりの悪いパーツをまとめた型をそのうち作るとして…
まずはボークス秋葉原ホビー天国に持ち込む完成見本を仕上げるのが最優先でしょうかね。

ということでw フレンズセット完成2つ目! フレンズAセット出来上がりました。
イメージ 1

































ま、王道のセットですね。
自分で作っておいてなんですが、かばんちゃん可愛くできました(*´▽`*)
イメージ 2







































柱で~食べる~ジャパリまんは~おいしい~♪ をイメージして作りました。
体型は当然1期アニメ準拠で作っています。
イメージ 3



























後ろ髪は多少オミットしましたがこれでも十分ではないでしょうか?複製時に気泡も残らないし♪
個人的には腰つきがお気に入りポイントですかね(*´▽`*)
なお塗装や付属パーツを作るとことで
某戦車アニメの装填手殿っぽくしたり、パンケーキ好きの隼乗りっぽくできそうな気がしてますが
それは余裕ができてからのお楽しみ?

サイズが小さいのでちょっと位置がずれちゃったけど、それでも帽子の穴から目が見えます。
イメージ 4










































こだわりポイントですね(*´▽`*)
なおサーバルの視線がちょっと上に向きすぎちゃったけど(^_^;) に、肉眼だと気にならないから(^_^;)

これでフレンズセットは2セット完成。
イメージ 5
























あと3セット、9体を完成させないと…できれば今週末には秋葉原に持ち込みたいなぁ(´・ω・`)

ボークス秋葉原ホビー天国にて開催中のガルパン模型コンテスト。
私すーめだかは BARどん底を作ってエントリーしていたんですが…
イメージ 1

ツイッターで発見! (画像は キリン@馬の骨 様より許諾を得ています)
イメージ 2



























賞状と一緒に並んでる!!しかもどうやら大きい賞状みたいです(^_^)v やったー\(^o^)/
投票してくださった皆様ありがとうございましたm(_ _)m 
欲を言えば画像1枚目の状態、部屋を暗くしての電飾onで見ていただきたかったです。
これ、自分で言うのもなんですが暗いところで見るとほんとにいい雰囲気を醸し出すんですよ。
明日にでも見に行きたいところ何だけれど… 原型を進めないと(´・ω・`)

ということで、ホビランの販売品見本を展示してもらうときに引き取りに行こうと思います。
来週後半ぐらいかなぁ。それまではボークス秋葉原ホビー天国で展示されていると思いますので
興味ある方はお早めにお越しください。


で、原型の方はと言うと
塗装中のものはラッカー塗りは終了してここからエナメル塗装へ、といったところ。
イメージ 3

































そういえば先日購入したこちら
イメージ 6













































ツイッターでこれが便利で作業が捗るというのを見かけたので購入してみたんですが…
これは今年買ってよかったものランキングの上位入賞確定ですね(*´▽`*)
これを使ってみたら、スミ入れのための準備って想像以上に手間がかかっていたんだなぁと実感させられました。
もし持っていない人がいたら、是非購入をお薦めします。

閑話休題
サーバルが黄色すぎるなと思ったんですが… 以前に色味が気に入らなくて塗装し直したマリー様も
イメージ 4















































これも塗り終えてみたら黄色みが強くて…
調色下手なのもあるんだろうけど、もしかして照明の色味に引っ張られてしまって
自然光下だと黄色が強く出てしまうのかも…と疑ってます(´・ω・`)

でで、原型の方ですね(^_^;)
アライさん
イメージ 5














































複製に向けてパーツ分割を変更してます。
今までは下半身ががっつり分割できたんですが、もも部は胴体の方へ、膝から先を別体にしました。
この方が気泡の残りが少なくできそうです。
それと腕を肩から切断して別体化。その方がストレスなく複製できそうです。
なおこのポーズは元ネタがありまして
イメージ 7
























本編外の「けいばじょう」の1シーンです。
ちなみに元ネタはこちらだと思われます。
イメージ 8















































ということでこのアライサンも正しい姿勢はこう。
イメージ 9













































間違ってもこんな風に置いちゃ駄目ですよ…
イメージ 10



































…(^_^;)


おまけ
手がどうにも進まない時用に(^_^;)
イメージ 11






































おや、もしかしてこのフォルムは ( ゚д゚)ハッ!

現在メインで使用しているシリコーンはクレオスのMr.シリコーン。
シリコーン:硬化剤の割合は100:4 。まだまだ気温が低いので多少多めでもいいのかも。
というのが普通のセオリーなんですが…

個体差(ロット差?)によって硬化具合が違うというのもまたセオリー(^_^;)?
現在開封中の缶はどうも硬化しやすいみたいなので
硬化剤を少なく、シリコーン150gに対して硬化剤は5.0g(100:3の比率)にしてみたんですが
イメージ 1


































それでも硬化が速いみたい。
エアブラシで気泡追い出し中に粘度がどんどん上がっていって
画像は硬化後なんですが、表面がご覧のように凸凹に(´・ω・`)
これで作業時間は30分以内です。

シリコーン流しといえば、始めは糸のように垂らすというのがセオリーですが
エアブラシを使って気泡を追い出すなら、始めの1層はざっと流し入れてしまって
流動性が高いうちに気泡を潰していったほうがいいような気がしています。


さて、この型はフレンズセットの4品目、ジャガー、コツメカワウソ、プリンセスのCセットとなります。
レジンを流したところ、型離れのいい、複製しやすいものが出来上がりました(^^)
コツメちゃん
イメージ 2































指の1本1本を空気抜きしたのが効いてます。
元々の原型からはフリルの上下を圧縮して隙間をなくし、波打ちも穏やかにしました。
それでも前後1箇所だけ気泡がのこるぽいんとができてしまいました(´・ω・`)

ジャガー
イメージ 3










































ブラウス前面のフリルがポイントですね。このくらいのフリルなら十分複製できることを掴みました。

プリンセス
イメージ 4












































なんとか分割せず1ピースでここまでの物ができました。
スジボリもバッチリなのでスミ入れが楽しいキットになってます。
なお前髪パーツは
イメージ 5





































触覚風のパーツが抜けるかどうか心配だったんですが、無事抜けまいsた。
ちなみに原型は伸ばしランナーで作りましたw (これは笑うしかないですね(^_^;)
このくらいの太さまでなら抜けることがわかったのは大きな成果です( ・`ω・´)

よし、これで残るシリコーン型製作は1つのみ。
来週末ぐらいにはボークスのディーラーエキシビジョンに持ち込むことを目標にしようかな。

かばんちゃん塗装は現在ここまで
イメージ 6





















































手袋の造形を忘れたのはここだけの話…
いや、手袋ありなし状態を塗装で選択できるようにしただけなんだからねっ(*>_<*)

ホビラン21のディーラー参加準備のため絶賛準備中( ・`ω・´)
といってもほとんどが表面処理なのでブログに書くようなこともなく…

ブログの引越についてはホビラン後にじっくり考えることにします。
ほぼ造形・プラモ日記なので同好の方が多くいるようなところがいいかなぁ。

ということで?フレンズの進捗状況をば。
只今塗装中はフレンズAセット。
イメージ 1
































え、2体しかいない? よーく見てくださいね(^_^;)  これで3体ですm(_ _)m
サーバルの黄色はエアブラシで塗って、あとは筆塗りかな。
一番進んでるかばんちゃん。
イメージ 2



















































この服の色、以前に調色したものが残っていたので助かりました。
同じ色をもう一度作れと言われたら…かなり難儀するかと思います(^_^;)
小瓶のラベルを見るに、シャアピンクをベースに黒を足して作ったのかな?

で、塗装待ちのこちらはフレンズDセット。
イメージ 3





























レジンが安定するまである程度放置しておいたほうがいいようなので切り出してそのまま放置中です(^_^;)
塗装の乾燥待ち等の隙間時間を利用してヤスリがけはしてしまいたいですね。

でで、一番最後になるのがこちら。
イメージ 4































フレンズBセットです。まだまだ修正多し(´・ω・`)


なおNeneもちょっとずつ
イメージ 5









































髪の毛を整えて、右腕はポーズ変更しました。

今一番の悩みは帽子に手を付けるかどうか。
イメージ 6















































箱絵と比べるとなんとなく細長く見えるんですよねぇ…
と思ってたんですがこうして画像で見てみるとそれほどでもないか???
締切を考えたらここは手を付けないほうがいいかも。

一緒に映す
イメージ 7

とこのくらいのサイズです(*´▽`*)


↑このページのトップヘ