カテゴリ: エロマンガ先生

GW最終日、行ってきましたふたば学園祭。
こんな感じで展示しました。
イメージ 1




































結局展示台は装飾なし(^_^;) 紗霧に至ってはヤスリがけしてそのままw
会場では同人誌販売や各種イベントが行われていましたが
ほとんどの時間このホビコンにいました。
注意書きでちょっとビビらせすぎてしまったのか、発電機を恐る恐る回す方が多くて(^_^;)
すみません、もう少し激しく回しても大丈夫でしたm(_ _)m

それと、もしかしたらスペちゃんあまり気づかれていなかった?ちょっと残念だったかも。


さて、結果発表\(^o^)/  今回は~


2位でしたー(^^)        (^_^;)          (´・ω・`)


やはりふたばちゃんねるにちなんだネタものが強いですねぇ…



さて、今後の予定は~
今度の土日は静岡ホビーショー、ついでポストホビー厚木店のプラコンか。
ホビーショーではなんとかコトブキヤのジャパリバス情報を仕入れたいなぁ。
プラコンはどうしようかな… 保険として1品は出せるものがあるけど今から新造は…う~む悩む悩む。

鋭意制作中のフィギュア完成しました\(^o^)/
今期アニメウマ娘より、主人公のスペちゃんです♪
イメージ 1









































5/6に蒲田で行われるふたば学園祭のホビーコンテストに出品すべく制作しました。
メインは電動フィギュアなので、これはネタ要員としての急造制作でしたが
完成してみると、あれ、かなりかわいいんですけど(*´▽`*)

正面
イメージ 2














































アニメ中には後ろ姿のみでこの場面の顔は映っていなかったので表情は創作です。
とりあえず口の形はこれで正解だったかな。
それとしわへのドライブラシが楽しかったです(^^)
ひざの色あせはベース色の後にホワイトを吹きました。そこ以外の白い部分がドライブラシをやったところになります。
足元も隠れていて不明部分だったので、人参色の靴下を履かせました。


今回、最大の難所だったのは瞳のエナメル塗り。
エナメル塗料はスミ入れと瞳にしか使わないので白黒赤青黄しか持っていないんですよね。
で、この手持ち色だと綺麗な淡い赤紫を作れない_| ̄|○ il||li
タミヤエナメルを使っているんですが、赤+青だと紫というより小豆色になってしまうんですね。
色の三原色を確認したら赤じゃなくてマゼンダ(赤紫)なんですよね。
おそらくマゼンダ+白だと狙った色になりそうな感じです。
ということで手持ちにパープルがあるラッカーの一発塗りで瞳を筆塗りしました。
色的には40点てとこですかね… ちょっとエナメル塗料も調達しないとだめかな、と。


さて、これで明日1日空けることができたのでトレフェス行っちゃおうかな♪


なんとか形になりました。
イメージ 1




































手の中に収まるサイズの可愛い子です(*´▽`*)

こだわり部分としては~

オーバーオールの肩紐部
イメージ 2


































このくらいディティールがあればあとは塗装でなんとかなるかな(´・ω・`)

頭の飾り?
イメージ 3



































元絵だとこれが平らなのかモコモコしているのか不明…三つ編み風にしてみました。

ズボンのしわ
イメージ 4


































ここからヤスってもう少し丸みをもたせたいところ。

手に持っているのは
イメージ 5































人参でした。葉の部分の出来が白プラなのでよく見えない(´・ω・`)

オーバーオールの上半身は体から離してすき間をもたせました。
イメージ 6




































腰切り替えのところはなんか決まらない…

分かる人にはわかるこだわりw
イメージ 7
































ヤスリがけは慎重にw

もう一息頑張って軽くサフ吹き
イメージ 8









































イメージ 9














































なお足は時間節約のために靴下を履かせました(^_^;)

ちなみに元画はこれです
イメージ 10

今回は手短に。

表面をならして
イメージ 1














































仮ヘッド
イメージ 2















































あずにゃんヘッド。こうしてみると極端に頭身を外すと逆に違和感がなくなるのかもしれない。

こちらが本ヘッドです
イメージ 3
















































ズボンのしわ頑張りました( ・`ω・´)
イメージ 4















































でここまで。
イメージ 5










































この状態だとかなりやべーやつですw

フィギュア2作品の台座の装飾、どうもいいアイデアが思い浮かばないので
応援(ネタ)要員を1体作りつつ考えることにしました。
素材は毎度おなじみガルボジックw
イメージ 1































まだまだ材料が取れますwww ちょうど脚っぽいパーツがあるのでこれはそのまま脚にしちゃいます。
それと、胴体にちょうど良さそうなパーツもあったので組み合わせて、っと。
イメージ 2

























































関節を曲げてポーズ
イメージ 3













































おお、ちょっとロボットっぽい♪

腕はちょうど良さげなのがなかったので、ランナーをそのまま使用。
イメージ 4











































強そう!

ポーズはだいたいいい感じなので、もう少しランナーを盛って固定します。
イメージ 5








































今日のところはこんなもんか。流石にこの時点で誰なのか分かる人はいないだろうな…
果たして5/6までに仕上がるのだろうか(´・ω・`)


5/5のトレフェスはどうしようかな。1/35のマリー様がちょっと気になる所です。

エロマンガ先生が一段落したので、もう1品を展示できるように作り変えます。
来る5/6に蒲田で行われるふたば学園祭13のホビコンに参戦すべく現在創作活動を進めていますが
今回は可動フィギュアで挑戦してみようと思います。
ということで、もう1品となればこれしか無いですね。マルルクです。
イメージ 1


















































フィギュア本体は手を加えず、動作機構の方を作り変えます。
今までは小さいフィギュア用のターンテーブルを活用して動いていましたが、
エロマンガ先生同様、手回し発電機で回るようにします。
で、今回使ったのは、CDをローディングさせる機構のモーター部分を取り出してみました。

上から見るとこんな感じ
イメージ 2



































回転運動を首振り運動に変えるシステムはそのままで、回転動力部のみをモーターに置き換えるだけなので
さほど難しくはありません。(でも調整は大変ですよ(^_^;)

ただ、直に手回し発電機をつなぐとちょっと回転が速すぎでした。
ということで改善策として色々試したんですが、手持ちの抵抗を1個直列に入れることでよしとすることにしました。
イメージ 3





























が、ここで問題発生。回転数は落ちたけど、その分引っかかることが多くなってしまいました。
ということで、画像はどうなっているかというとスイッチを一つつけて、抵抗をキャンセルできる仕組みを作りました。
抵抗なしの状態だと引っかかることなく元気にモーターが回るので、止まってしまったときのトラブルシューティング用ですね。

これを台座に組み込みます。
イメージ 4



































おや、ちょうどいい引き出しがw

こいつの台座はそこらへんに転がっているコーヒーミルを拝借w
イメージ 5





















































CAFEのプレートが主張しております。いつかは台座として使えるかなと捨てずにとっておいてよかったw

一方、エロマンガ先生の台座も整えて
イメージ 6

































真ん中に空いていた大穴を塞いで、つま先の位置決めのために複数空いていた穴は本命以外塞ぎました。
なお、つま先の固定方法を変更。今までは足裏から軸を伸ばし台座に大きめの穴を開けての固定でしたが
台座に磁石、足裏に小さいビスを打って、磁力で固定することにしました。
動きは遥かに良くなりました。特に足首の関節がちゃんと動くようになったので
内股からのジャンプ感がUPしました。

ということでここまで
イメージ 7














































こうしてみると台座が寂しい?銘板があったほうがかっこいいよなぁ…
マルルクの方は歯車を貼り付けてスチームパンク風にしても良さげだけど…


本日は主にエナメル塗装。もしかしたら一番めんどくさいところかも!?
というのも、シャツの柄ですね。なにゆえ全面に大きく「エロマンガ先生」と入れなければならないのか…
ま、いまさら愚痴ってもしょうもないので手を動かしましょう。
ここは男らしく一筆入魂です( ・`ω・´)
イメージ 1









































あとで修正しやすいように予めクリアーを厚めに吹いてあります。
このくらいのガタガタ具合なら後の修正も楽そうです。
続けて残りの文字も
イメージ 2







































「先生」だけゴシック体なのがポイントですね。流石に角が立たないのでこれは後で削って真っ直ぐにします。

で最終型
イメージ 3








































仕上げのつや消しまで吹き終わったところです。手描きでこのくらいのラインならいいでしょう。
緑がちょっと薄かったかな?

髪の毛は、設定画を見るとツヤ表現多めのようなので、パールを吹いてみました。
イメージ 4
































つや消しも悪くなかったのですが、パールの半艶状態もいい感じです(*´▽`*)

イメージ 5








































頭髪なしだと白眉毛が違和感ありまくりですね(^_^;)
顔の赤みはパステルでの化粧です。一応ラッカーでの血色表現はやったんですがほとんどわからないです。

と、これで頭部ができあがったので、今回制作するにあたって体型のモデルになったフィギュアにオン。
イメージ 6






















































ビーチクイーンシリーズのけいおん中野梓でした。
交換ヘッドもついていてジャンク108円だったので思わず確保しちゃいました。
脚パーツはこのフィギュアに被せる形でランナーを盛って制作しました。
にしても違和感なく挿げ替えできてますよね?これはジャンクフィギュア漁りがはかどってしまう!?
なお、あずにゃんのヘッドを紗霧ボディにつけようとしたらツインテが邪魔でつきませんでしたとさ(^_^;)

さてこれで一通り出揃いました。
イメージ 7
































少女終末旅行で複製を経験したことで、複製しないならここは分割しなくてもいいな、という加減が見えてきたので
非常にシンプルな構成になりました。

あとは台座を整えたりカムを調整したりと残っていますが、とりあえず一旦完成としましょう。
エロマンガ先生こと和泉紗霧完成\(^o^)/
イメージ 8




























課題だった首は結局いじらずじまいでした。
おしり
イメージ 9
























下着の布地感は偶然ですが、狙って作りたいですね。

鎖骨廻りはお気に入り(*´▽`*)
イメージ 10






































みえ…

今回は肌は半ツヤ状態にしました。この方が人肌っぽい気がするので。
イメージ 11
















































忘れてはならない動作状態
イメージ 12




















これだけ動けば上出来でしょう(*´▽`*)


え~、いつものようにニコ動の方に動画を上げていますのでよければご覧ください。

髪の毛
イメージ 1






























髪色は白にごく少量紫を混ぜました。毛先の方はピンク系でグラデーション。

イメージ 2



































顔にも血色表現を取り入れてみましたが薄っすらとなのでほとんどわからないかも。
これだとファンデーション厚塗り顔ですねぇ… う~ん、ダマが気になる(´・ω・`)

シャツ
イメージ 3












































影色としてサフを使ってみました。後はベースホワイトで覆い隠す予定。

胸元はエアブラシだとやりにくいので筆でやってみました
イメージ 4
































これじゃあ今流行りのはs 自主規制m(_ _)m


いや、でもほんとに心配ですよね麻疹。GW中にはふたば学園祭、次の週は静岡ホビーショーに行くつもりなので
しかも空気感染するのでマスク意味なしみたいですし。

塗装をするとだいぶらしくなってきたように思います。
イメージ 5






































リボンを塗るとぐっと引き締まりますね。明日にはエナメル塗りも仕上がるかな。

可動の仕組みがだいたい出来上がったので、再び本体の方を進めていきます。
最後まで残っていたのは前髪を中心としたディティールアップ。
イメージ 1































おさげに動きを表現するために束から離れた毛を追加。
それと各部リボンを制作。なおリボンは絵だとすぐに描けるので絵師の方は使いやすいんでしょうけど
立体にするのは地味に手間がかかる(´・ω・`) 塗装も別色だし。

他の部分は地道にヤスリがけをある程度進めていたので、これでサフを吹いてみました。
イメージ 2






















うん、いいんじゃ…  って、あれ?今気づいた( ゚д゚)ハッ! あごの先端がずれてるorz 
工エエェェ(´д`)ェェエエ工   これはいかん!修正しないと(´・ω・`)
う~ん、問題ないと思っていただけにショックでかいなぁ…
せっかくまつ毛も立体化したのに。
イメージ 3







































なお眉毛も彫り込み式ではなく凸モールドにしました。


ま、とにかくこれで作業の中心は塗装へシフトです。
さて、パンツの國の方々おまたせしましたw 
肌の血色表現ver2と合わせて、まずは下半身を塗りました。
イメージ 4

































下着はピンクのあとにパールを吹いてみました。
モールドのところはこの後白系でドライブラシ?それとも赤系?ツートンカラー化もありですかね(^_^;)

なお血色表現ver2は、規則的な格子状から、ランダム形状になるように身の回りのものを利用してみました。
それが何かは企業秘密♪  いや、どうもver3に進化しそうな気配があるので。
腰パーツはちょっと肌色濃いめでわかりにくいかもしれませんが、脚の方はより良い感じです。
イメージ 5
















































なかなかのカメレオン状態になってきているかと。

腰パーツと合体( ・`ω・´)
イメージ 6






























































ver1のときよりもリアル感かなりUPではないでしょうか。
この色合だと、肌は半ツヤ消しぐらいのほうがいいのかもしれませんね。

さて、上半身にも手を付けていきたいところだけど。シャツをどう塗るか思案中です。
最終的には白シャツになるんですが、サフを吹くかどうかで迷い中。
腕が取り外せないのが難関ポイントですね。一応サフレスでもなんとかなるように白ランナーで服を作りましたが
どうしても多少の焦げ?が入っていまうので流石に無塗装というわけには行きません。
先に頭部を塗ってみて様子を見るのが吉でしょうかね?

胴体に頭部もつけて動作の確認。

と、文字ではとてもあっさりしていますが実際には
引っかかりを取り除いたり位置を微調整したりと、地道な作業の連続です。
一番難儀だったのは固定用の軸と動作用の軸の位置決め。
ちゃんと平行になっていないと上手く動作してくれませんでした。
さらには後頭部の重さ。中空なので通常のガレキと比べたら遥かに軽いんですが
頭前部と比べるとどうしても重心が後ろに偏ってしまします。
なので理想的な位置よりも上向き加減なのが気になる所。

が、なんとか動いたので御覧ください。
イメージ 1




















カムもいじって、上に手を上げている時間を長くしてみましたがさほど効果はなかったかな…
足裏には軸を打って、台座の方に大きめの穴をあけて差し込むだけにしてあります。
右脚の位置は変えたほうがいいかも。
頭部は、前の方におもりを入れてバランスをとったほうがいいのか、それともバランスは悪いけど軽量の方が
いいのか判断が難しい所。
とりあえずガタをとっていってどこまで修正できるかで様子を見たいと思います。

↑このページのトップヘ